前歯部アライナー矯正 導入・実践編4

前歯部アライナー矯正 導入・実践編

ご購入はこちら

患者さんの笑顔を最大限引き出す

前歯部アライナー矯正
導入・実践編

監著:五十嵐 一 A4判変形 80頁

ページをピックアップして五十嵐院長が解説しています。

Pick up! ページ解説 P70

前歯部アライナー矯正 導入・実践編

五十嵐院長の解説
1つのアライナーは1~2週間しか使いません。そのため、通常の取り扱いでは割れたり壊れたりすることはありません。丁寧に扱っていて壊れた場合は、無料で交換が可能な場合もあります。

Pick up! ページ解説 P71

前歯部アライナー矯正 導入・実践編

五十嵐院長の解説
あります。ただし、もし動ききらない歯があった場合は、クリンチェックによる新しい治療計画とアライナーを作成することによって治療開始時に設定したゴールの達成がトライできます。

Pick up! ページ解説 P72

前歯部アライナー矯正 導入・実践編

五十嵐院長の解説
マウスピース型矯正装置であるアライナーは、透明に近い素材を使用し制作するため、装着していても目立ちにくい、自分で着脱可能で、金属アレルギー心配も不要などのメリットがあります。

Pick up! ページ解説 P73

前歯部アライナー矯正 導入・実践編

五十嵐院長の解説
アタッチメントには歯の挺出や圧下だけでなく、リトラクションや回転、ルートコントロールなどさまざまな機能があります。どの歯にどの機能をもたせるかによって、歯の動きや治療期間をコントロールしているので、大変重要です。

Pick up! ページ解説 P74

前歯部アライナー矯正 導入・実践編

五十嵐院長の解説
アタッチメントは適切に装着した場合、それぼど簡単に外れてしまうことはありません。
万が一外れてしまった場合には、どの部位が脱離したのかを確認します。再度アタッチメントを装着するため、専用テンプレートを注文し、再装着を行います。

Pick up! ページ解説 P75

前歯部アライナー矯正 導入・実践編

五十嵐院長の解説
アライナーは着脱前に、やわらかい歯ブラシを使用し、水と少量の歯磨き粉で毎回洗浄してください。洗浄後は必ず十分にすすいでください。取り外している際は、専用ケースに入れ保管してください。
^