電話番号 0120-418-889
アクセス
資料請求
お問い合わせ
診療一覧

審美歯科

セレックシステム

セレックシステム

セレックシステムとは

セレックシステム

セレックとは、セレック(CEREC)とはCEramic REConstruction(セラミック修復)の頭文字をとったものです。当院で導入している「セレックシステム」は、医療先進国ドイツからやってきた、コンピュータ制御によって歯の修復物を設計・製作するCAD/CAMシステムです。コンピュータで行うため、歯型を取らず快適で、精密な修復物が短時間でできあがります。

3Dの光学カメラを使用して歯を撮影(スキャン)し、患部の歯列をモニター上に再現。その後、コンピュータの3D画面上にて修復物を設計し、ミリングマシン(削り出しマシン)がデータをもとに自動作製します。

これにより、技工所に発注せずに院内で修復物を作成できるので、一般的な修復物より経済的。また規格生産された高品質なセラミックブロックを使用するため耐久性が高く、治療時間を大幅に短縮できます。

セレック治療はこんな方におすすめ!
  1. 忙しくて、治療時間がなかなか取れない方
  2. 審美性が高く、白くてきれいな歯を希望されている方
  3. 比較的、リーズナブルな審美歯科治療を受けたい方
  4. 金属アレルギーが心配な方
  5. 銀歯を自然な白い色調の歯に替えたい方

セレック治療のメリット

メリット

自然な美しさを再現できる

自然な美しさを再現できる

セレックでセラミックの修復物を作る際は、数多くある色調の中から、患者様の歯の色に一番近いセラミックのブロックを選択します。そのため、自然感あふれる白い歯が再現でき、お口の中で調和し、違和感を感じさせません。

また、使用する高品質セラミックブロックは、審美性に優れているだけでなく、強度も天然の歯に近く、噛み心地や舌触りなどの質感もご自身の歯と同じような自然な感触なのも特徴です。

体に優しい素材で安心

体に優しい素材で安心
セレックはセラミック(陶材)ですので、金属アレルギーの心配がありません。また、体に馴染む「生体親和性が高い」材料ですので、体に害を及ぼすこともありません。傷にも強いので、年数が経っても変色しにくく、歯垢もたまりにくいので歯茎の炎症リスクも抑えます。

強度に優れる

強度に優れる
セレックの規格生産された高品質セラミックブロックは、極めて高い耐久性を誇るのも特徴です。臨床研究によると、15年後の残存率は、通常のセラミック治療では約68%なのに対し、セレック治療は約93%と非常に高い結果と報告されています。セレックシステムが開始されたのは1986年で、すでに20年以上もの実績があり、世界でも多くの歯科医院が導入しています。

治療が短期間

治療が短期間

セレックシステムは、歯を削ったその場でスキャンにより型取り、修復物の設計・加工まで行いますので、その日のうちに治療を済ませることができます。そのため、従来では考えられないほど治療がスピーディで、通院回数も少なくできます。

大半の症例は約1時間で終わるほど短時間の治療です。そして、1回の通院で修復物をセットできるため、通院の時間がなかなか取れない患者様にも適しています。

精度の高い修復物

精度の高い修復物
セレックシステムでは、コンピュータシステムを駆使しますので、手作業の場合と違って人為的なミスやちょっとしたズレなどが起こらず、精密な修復物が完成します。また、機械による作業ですので、時間のロスも最小限です。

セレック治療のデメリット

デメリット

症例によっては適用できない場合もある

セレック治療は、お口の状態によっては適用にならない場合もあります。例えばブリッジのような場合です。

強い衝撃で破損することがある

セラミックは強い衝撃がかかると割れてしまうことがあります。そのため、非常に力がかかる場所などでは行えないこともあります。

色調の微調整が必要になることがある

セレックは単色ですので、高い審美性が要求される場合には技工士による色の微調整が必要になることがあります。この場合は1日で入れることは難しくなります。

セレック治療の流れ

STEP1. スキャン(型取り)

スキャン(型取り)

歯を削った後、3D光学カメラを使用して患部を撮影(スキャン)。従来のようなドロドロした材料を使わないので、型取りの不快感を味わうことはありません。わずか数秒の作業で、患部の歯型がモニター上に再現されます。

※症例により型取りが必要な場合もあります。

次のステップ

STEP2. 修復部設計

修復部設計
モニター上で歯の形態や噛み合わせの調整を、あらゆる角度から行い、理想的な形にしていきます。設計後は様々な色のセラミックブロックから患者様の歯の色に合ったものを選定します。

次のステップ

STEP3. 修復物作製

修復部設計
ミリングマシンと呼ばれる機械(CAM)が、コンピュータで設計されたデータをもとにセラミックブロックを削り出し、修復物を精密に整えていきます。

次のステップ

STEP4. 口腔内セット

口腔内セット
削り出されたセラミック歯を口腔内へセットします。これで治療完了です。

歯科コラム

歯科コラム一覧
コラム
ホームページをリニューアルしました。
年末年始の休診日のご案内
活動報告を更新しました
お知らせ一覧