ザイゴマインプラント(頬骨インプラント)

ザイゴマインプラントとは…、上あごの骨が極端になくても、インプラントができる技術です。

イメージ

骨が少ないのを理由にインプラント治療を断られた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
しかし、最近では骨が少なくてもインプラントを行えるような技術がいくつか開発されてきています。

ザイゴマインプラントはそのうちの一つで、極端にあごの骨がないケースでも、頬骨にインプラントを埋めることによってインプラントを固定することができる画期的なシステムです。

ザイゴマインプラントと通常のインプラントの違い

ザイゴマインプラントはあごの骨ではなく頬骨を利用します。

通常のインプラントというのは、あごの骨にインプラントを埋めます。上の骨の骨量が足りない場合には、骨移植などを行って骨の量を増やし、インプラントを行うケースも多いですが、頬骨を利用することにより、骨移植をすることなくインプラントを立てることが可能です。

頬骨にインプラントというと、恐ろしく感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、頬骨は非常に硬く、インプラントをしっかりと固定してくれるにはとても適している場所なのです。

その部分に通常より長い30〜52.5ミリのインプラントを、2本ないしは4本埋め込むことにより、確実にインプラントを固定し、その上に人工歯を装着することで、しっかりと噛めるようになります。

ザイゴマインプラントは、あごの骨が少ないケースで行われるオールオン4でも対応できないほど、あごの骨が極端にやせてしまっているケースにおいて適用されます。

重度に骨が吸収してしまった方でもあきらめないでください

イメージ

あごの骨というのは様々な原因で吸収し、やせていってしまいます。重度の歯周病で骨を多く失ってしまった方、入れ歯を長年使っていたことであごの骨が徐々に吸収してしまった方、このような方はあごの骨のほとんどを失ってしまっており、多くの歯科医院で「インプラントは不可能です」と断られてしまうようです。

ですが、あごの骨がいくらか残っていればオールオン4が可能ですし、それが無理でもザイゴマインプラントであれば、施術が可能です。

他院で「インプラントは無理です」と断られた方でもどうかあきらめないでください。

ザイゴマインプラントの特徴

■骨移植手術が不要

イメージ

ザイゴマインプラントは、オールオン4同様、インプラントを行うのに骨移植手術を必要としません。骨移植手術は骨を増やすのに効果的な方法ではありますが、骨が定着するまでに半年ほど期間を要すため治療期間が長くなる、さらなる手術が増えるため体の負担が大きい、というようなデメリットがあります。

骨移植手術を避けて行えるザイゴマインプラントは、体の負担を軽減でき、治療も早く進めることができます。

■手術当日に固定式の歯が入る場合がある

骨移植はしませんが、手術後、三カ月〜四カ月は、仮入れ歯使用する場合があります。また、強固にザイゴマインプラントが頬骨に固定出来た場合は、固定式の仮歯を手術当日に装置出来る場合もあります。骨の状況によります。
仮の入れ歯装着した場合でも、三カ月後には固定式の仮歯、最終補綴へと進んでいけるので、治療期間は、骨移植した場合と比較して短期間で終了できます。

■あごの骨がなくてもできる

ザイゴマインプラントは、あごの骨がなくても施術が可能です。重度の歯周病で大きく骨を失ったケース、入れ歯を長く使っていて骨が極端にやせてしまったケース、悪性腫瘍などが原因であごの骨の切除を行なったケース、生まれついてあごの骨が欠損してしまっているケースなどにも対応できます。

^