電話番号 0120-418-889
アクセス
資料請求
お問い合わせ
当院のインプラント

ザイゴマインプラント(頬骨インプラント)

ザイゴマインプラントとは

ザイゴマインプラント

骨が少ないのを理由に、インプラント治療を断られたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?しかし、最近では骨が少なくてもインプラントを行えるような技術がいくつも開発されてきています。

ザイゴマインプラントはそのうちの一つで、極端にあごの骨がないケースでも、頬骨にインプラントを埋めることによってインプラントを固定することができる画期的なシステムです。

ザイゴマインプラントと通常のインプラントの違い

黄ばみ・黒ずみや歯ぐきとの間の黒い線に

通常のインプラントというのは、あごの骨にインプラントを埋めます。上の骨の骨量が足りない場合には、骨移植などを行って骨の量を増やし、インプラントを行うケースも多いですが、頬骨を利用することにより、骨移植をすることなくインプラントを立てることが可能です。

頬骨にインプラントというと、恐ろしく感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、頬骨は非常に硬く、インプラントをしっかりと固定してくれるにはとても適している場所なのです。

その部分に通常より長い30〜52.5ミリのインプラントを、2本ないしは4本埋め込むことにより、確実にインプラントを固定し、その上に人工歯を装着することで、しっかりと噛めるようになります。

ザイゴマインプラントは、あごの骨が少ないケースで行われるオールオン4でも対応できないほど、あごの骨が極端にやせてしまっているケースにおいて適用されます。

重度に骨が吸収してしまった方でもあきらめないでください

五十嵐院長・歯学博士

あごの骨というのは様々な原因で吸収し、やせていってしまいます。重度の歯周病で骨を多く失ってしまった方、入れ歯を長年使っていたことであごの骨が徐々に吸収してしまった方、このような方はあごの骨のほとんどを失ってしまっており、多くの歯科医院で「インプラントは不可能です」と断られてしまうことも少なくありません。

ですが、あごの骨がいくらか残っていればオールオン4が可能ですし、それが無理でもザイゴマインプラントであれば、施術が可能です。

他院で「インプラントは無理です」と断られた方でもどうかあきらめないでください。

五十嵐歯科医院インプラントオぺ
①顎模型の制作 CTより顎顔面の画像から3Dプリンターを使用してプラスチック模型製作
②ノーベルクリニシャンによるコンピューター上での事前手術
③歯科麻酔医による点滴などの術後のフォロー

五十嵐院長・歯学博士
▲このプラスチック顎模型を、CTスキャンから顎の形態を実測で制作して手術の参考にします。

ザイゴマインプラントのメリット

骨移植手術が不要

骨移植手術が不要

ザイゴマインプラントは、オールオン4と同様、インプラントを行うのに骨移植手術を必要としません。骨移植手術は骨を増やすのに効果的な方法ではありますが、骨が定着するまでに半年ほど期間を要すため、「治療期間が長くなる」、「さらなる手術が増えるため体の負担が大きい」、というようなデメリットがあります。

骨移植手術を避けて行えるザイゴマインプラントは、体の負担を軽減でき、治療も早く進めることができます。

手術当日に固定式の歯が入る場合と、待機する場合がある

骨移植手術が不要
頬骨に長いインプラントがしっかりと固定された場合、手術した当日に固定式の仮歯を入れることができます。そのため、見た目の回復、噛む機能の回復も早期に取り戻すことができます。歯肉の状態、骨とインプラントの接合の状態により待機3ヶ月程する必要がある場合があります。

あごの骨がなくてもできる

あごの骨がなくてもできる
ザイゴマインプラントは、あごの骨がなくても施術が可能です。重度の歯周病で大きく骨を失ったケース、入れ歯を長く使っていて骨が極端にやせてしまったケースに対応できます。

ザイゴマインプラントのデメリット

治療が受けられる歯科医院が限られている

治療が受けられる歯科医院が限られている
ザイゴマインプラントは、頬骨に入れるインプラントですので、治療の難易度が高く、行っている歯科医院がごくわずかに限られています。

治療費が高額

治療費が高額
ザイゴマインプラントでは、通常のインプラントとは違う特殊なインプラントを必要とします。また、特殊な技術を必要とするため、治療費が通常のインプラントより高額になります。

長時間の手術が必要になる

長時間の手術が必要になる
頬骨に手術を行うため、通常の顎に行うインプラントと比較して、手術時間も長く必要になります。
通常120分

ザイゴマインプラントの料金(通常価格)

※ザイゴマ本数が増えた場合は価格が変わります
※すべてチタンフレームの場合です。ご希望によりジルコニアフレームへ変更可能。その場合追加費用80万円~がかかります。

All-on-4タイプ

All-on-4タイプ

All-on-5タイプ

All-on-5タイプ

All-on-6タイプ

All-on-6タイプ

ザイゴマインプラントは、従来ではインプラントが不可能だとされていた非常に骨が少なくなったケースでも施術が可能です。そのような方にとってメリットが大きい治療法ではありますが、デメリットもご理解していただいた上で治療を選択されることをおすすめします。

ウイルス対策、滅菌体制に関して

当歯科医院は、患者様一人一人に対して、全ての器具を滅菌しています。手袋など、手用器具も、全て患者様ごとに廃棄しています。院内では、施術場所に、空気洗浄機が備えてあり室内空調を管理しています。インフルエンザウイルスの防備に最善を尽くしております。

また、体調管理の為、インプラント 抜歯時や、歯科治療時に、歯科麻酔医が、モニターで、血圧、心電図などを把握して、点滴を行い痛みの軽減、施術部位の腫れを必要最小限に抑える歯科医療を行なっております。

歯科コラム

歯科コラム一覧
コラム
お盆休みのご案内
ホームページをリニューアルしました。
年末年始の休診日のご案内
活動報告を更新しました
お知らせ一覧