電話番号 0120-418-889
アクセス
資料請求
お問い合わせ
当院のインプラント

インプラント・ブリッジ・部分入れ歯の比較

歯を失った時の治療法、 皆どれを選んでる?

歯を失うと、その部分を補う治療をしなければなりません。現在のところ、治療の選択肢としては、インプラント、ブリッジ、入れ歯の3つがあり、このうちから一つ選ぶことになりますが、やはりここでどれにしようか悩む方も多いようです。

それぞれの治療法に特徴があり、メリットやデメリットがあります。どの方法が合っているかは個々のケースによっても変わりますので、まずはそれぞれの治療法について詳しく理解することが大切です。

歯が抜けた時の治療法とメリット・デメリット

特に、少数本の歯を失った場合は、インプラント、ブリッジ、部分入れ歯の選択で悩む方が多く見られます。それぞれについて簡単に特徴とメリット・デメリットをご紹介しますので、治療法を選ぶ際の参考にしてみてください。

インプラント

歯を失った部分に人工の歯根を埋め込む治療法です。人工の歯根は骨にしっかりと結合し、固定されますので、まるで自然の歯が骨に埋まっているような状態になります。自然な使い心地や見た目が再現できるため、「第3の歯」などとも呼ばれています。
◎メリット
  1. 見た目が自然
  2. 天然歯のようによく噛める
  3. 違和感がほとんどない
  4. 固定式なので入れ歯のような面倒さがない
  5. 周囲の歯を削ったり、負担をかけないで済む
  6. お手入れ次第では数十年もたせることも可能
  7. お手入れ方法が簡単
  8. 顎の骨が痩せにくい
  9. しっかり噛めるので健康、美容にもよい
△ デメリット
  1. 保険がきかないので高額
  2. 顎の骨を削る手術が必要
  3. 治療期間が他の治療よりも長め
  4. お体、骨の状態によってはできないこともある

ブリッジ

失った歯の両隣に歯がある場合、その両方の歯を削ってまるで橋を渡すように連結した人工歯をかぶせ、固定する方法です。少数の歯を失った際に最も選択する人が多い治療法です。
◎メリット
  1. 保険適用がある
  2. 短期間で人工歯が入る
  3. 固定式なので入れ歯のような外す面倒さがない
△ デメリット
  1. 健康な歯を多く削らなければならない
  2. 支えの歯に大きな力の負担がかかる
  3. 保険の場合、審美性に問題が出やすい
  4. 顎の骨が痩せてしまいやすい

部分入れ歯

部分入れ歯
歯を一本失った場合から、最後の一本になるまでに使用する入れ歯は部分入れ歯といいます。ほとんどの場合、多数の歯を失った場合など、ブリッジが不可能なケースで行われます。歯茎の部分がついた人工歯で、入れ歯をその場にとどめるために金具などを隣の歯にかけます。
◎メリット
  1. 保険適用がある
  2. 応用できる症例が幅広い
  3. 短期間で人工歯が入る
  4. 取り外して洗えるので、清潔に保ちやすい
  5. 歯茎が痩せているケースなどでは唇のハリを取り戻したりなど、審美性の回復に優れる
  6. 健康な歯をほとんど削らずに済む
△ デメリット
  1. 噛む力が弱い
  2. 他の治療法に比べ違和感が強い
  3. 食べ物が詰まりやすい
  4. 金具が見えると入れ歯と分かってしまう
  5. 金具がかかる周囲の歯に力の負担がかかる
  6. 顎の骨が痩せてしまいやすい

比較表

治療法 インプラント ブリッジ 部分入れ歯
噛む力 優れる(天然歯に比較して90%近くの咀嚼力を発揮) 良い 劣る(天然歯に比較して15〜30%の咀嚼力しか発揮できない)
見た目 良い 保険の場合は問題が出ることがある 金具が見えることがある

ウイルス対策、滅菌体制に関して

当歯科医院は、患者様一人一人に対して、全ての器具を滅菌しています。手袋など、手用器具も、全て患者様ごとに廃棄しています。院内では、施術場所に、空気洗浄機が備えてあり室内空調を管理しています。インフルエンザウイルスの防備に最善を尽くしております。

また、体調管理の為、インプラント 抜歯時や、歯科治療時に、歯科麻酔医が、モニターで、血圧、心電図などを把握して、点滴を行い痛みの軽減、施術部位の腫れを必要最小限に抑える歯科医療を行なっております。

歯科コラム

歯科コラム一覧
コラム
お盆休みのご案内
ホームページをリニューアルしました。
年末年始の休診日のご案内
活動報告を更新しました
お知らせ一覧