インビザラインGOシステムによる治療

インビザラインGOシステムの治療の流れ

インビザラインGOシステムでは、治療が可能かどうかの診断に始まり、治療に必要なマウスピース装置の作製まで、デジタル技術を活用した簡単・快適、そして精密な治療が受けられます。

STEP1. 診査

STEP1. 診査

iPadまたはiPhoneなどの端末で、お口の中の写真を撮影します。その後、専用アプリにて治療が可能かどうかの判断をします。

STEP2. 光学スキャナーiTeroで歯型をスキャン

STEP2. 光学スキャナーiTeroで歯型をスキャン

歯型を採取します。iTeroという光学スキャナーを使えば、従来のような型取りの材料をお口に入れて苦しい思いをする必要がなく、なおかつ非常に精密な歯型を得ることができます。

STEP3. 治療のシミュレーション

STEP3. 治療のシミュレーション

スキャンで得られたデータがコンピュータに送られ、クリンチェックと呼ばれるシミュレーションソフトで、治療のシミュレーションや治療期間などをご確認いただけます。治療計画に同意が得られれば、治療を開始していきます。

STEP4. マウスピース作製を依頼

STEP4. マウスピース作製を依頼

治療のデータをアライン・テクノロジー社へ送信し、治療に使用するマウスピース型装置の作製を依頼します。マウスピース装置は全て3Dプリンターにて、精密に作られます。

STEP5. 治療開始

STEP5. 治療開始

治療に使用する全てのマウスピース装置が届いたら治療開始です。歯科医師の指示に従って装着していただき、1〜2週間ごとに次の段階のマウスピースに交換していきます。

歯科医院へは4〜6週間ごとに来院いただき、歯の動き方のチェックなどを行います。最後のマウスピースまで装着し終わり、安定したら治療は終了です。

iTeroとは

新型機器の導入で、より快適、早い、精密、安全な治療を
当院では、インビザラインGOシステムでの矯正治療をより快適に、精密に行うために、iTeroという3D光学スキャナーを導入しています。iTeroを使用することで、型取りで苦しむ必要がなくなるだけでなく、よりスピーディー、精密、安全な治療が可能になりました。

iTeroを使ったインビザラインGOシステム矯正治療の特徴

■快適

矯正治療を行うためには、歯型を取る必要があります。従来の型取りの方法だと、軟らかい粘土のような材料をお口の中いっぱいにして、苦しい思いをしながら行わなければなりませんでした。ですが、iTeroを使用する場合、歯にスキャナーを当てるだけで歯型が取れますし、型取りを失敗して取り直す必要もなく、とても快適です。

■スピーディー

iTeroでスキャンして得られたデータは、コンピュータのモニター画面に写しだされ、すぐに確認することができます。また、スキャンデータとともに作られた治療計画はオンラインでアライン・テクノロジー社へ送られ、マウスピースの作製にもすぐに取りかかることができます。マウスピースの作製は3Dプリンターにより短時間で行われ、しかも治療に必要なマウスピースを一気に作ることができます。
従来の型取り法で行う場合、型を取った後に模型を作り、それを海外に送る手間と日数もかかっていましたので、iTeroを使用することで大きな時間短縮が可能になり、患者様により早く治療を受けていただくことが可能になりました。

■精密

iTeroは1秒間のスキャンで写真6000枚分の撮影を行います。それゆえ、得られたデータは非常に精密で正確なものになります。
従来の型取りでもある程度精密に型を取ることはできますが、型が変形する場合や、内部に気泡が入る場合もあり、完璧な精度を求めることはできません。iTeroによって精密な型取りが行われることにより、より歯にぴったりなマウスピースができあがり、そのことが治療の正確さ、精密さにつながっていきます。

■安全

型取りの材料がお口に入らないiTeroでの型取りは、材料の誤飲、誤嚥などの危険性がありません。照射される光は放射線を使用しておらず、体に害はありませんので、妊娠している方でも問題なく行うことができます。
スキャナーの先端部分は患者様ごとに毎回付け替えますので、清潔も保たれ、とても安全です。

^