インプラント後は清潔に!デンタルフロスを使用したケア方法

インプラント治療は、人工の歯根と人工の歯を装着する歯科治療で、処置を施した後はとても美しい口元を手に入れることができます。使用する素材もセラミックやジルコニアなど、着色しにくく、なかなか劣化もしません。それだけに、インプラント後のケアを怠ってしまうケースが珍しくないのです。インプラント後のケア方法としておすすめなのがデンタルフロスを使用した方法になります。ここでは、そんなインプラント後のケアについて、デンタルフロスを使った有効な方法と、怠った場合に起こるトラブルを詳しく解説します。

続きを読む

インプラントで再治療が必要になる症状は?起きてしまう原因は?

インプラントは、歯を失った際に行われる補綴治療で、天然の歯に近い噛み心地や見た目を手に入れることができます。それだけに、インプラント治療を希望される患者さんも増えてきていますが、なかには治療後の症状によって再治療が必要になるケースも出てきます。ここでは、そんなインプラントにおける再治療が必要になる症状を原因とともに詳しく解説します。

続きを読む

放っておくと怖いインプラント周囲炎。その兆候と症状

歯周病の恐さを知っているのに、インプラント周囲炎を軽く考えている人は少なくありません。しかしインプラント周囲炎は、病気の恐ろしさでは歯周病とまったく同じです。
というのは、インプラント周囲炎の「終着駅」は、歯周病と同様にインプラントの脱落だからです。インプラント周囲炎を発症すると徐々に顎の骨が溶けていくので、インプラントを支えられなくなるのです。
インプラント周囲炎の兆候と症状などについて詳しく解説します。

続きを読む

意外と多い入れ歯トラブルとは?オールオン4のススメ

入れ歯を長年使ってきた方は、これまで何度不具合に泣かされてきたことでしょうか。その都度、歯科クリニックに行き歯医者に入れ歯を調整してもらい、しばらくはそれですごせますがまた新たなトラブルが出てくる、その繰り返しではないでしょうか。

入れ歯のトラブルに悩まされている人なら一度はインプラント治療を検討したことがあるはずです。インプラントのメリットを聞くたびに「入れてみたい」と思います。

しかしインプラントの治療費は安くありません。それでもし、料金のことでインプラントを断念した方がいましたら、おすすめしたい治療法があります。
それは「オールオン4」です。

オールオン4は、インプラントのメリットを受けられるのに、インプラントより治療費が安いのです。
もちろんオールオン4の治療を受ければ、入れ歯から解放されます。

続きを読む

オールオン4の治療の流れ|即日で理想の歯並びに!

いま「オールオン4」が注目されています。総入れ歯に長年悩んできた方が、オールオン4にするケースも増えています。

オールオン4が注目されるのは当然でしょう。
総入れ歯の「食べにくい」「しゃべりにくい」「外れやすい」といったトラブルから解放され、インプラント並みの噛み心地を実現し、そして治療費はインプラントの半額程度なのですから。

しかし注目されている割に、「オールオン4の治療の流れがよくわからない」という方が意外に多くいらっしゃいます。
そこでオールオン4の治療に着手するところから治療完了までを、詳しくやさしく紹介していきます。

続きを読む

インプラント装用中に違和感を感じたら…

インプラントを入れた後に、まれに違和感が生じることがあります。
違和感を持ってしまった患者さんは「天然の歯に近い噛み心地が得られると聞いて、インプラントを入れたのに…」と不安に感じるでしょう。
もしくは、大きな手術と長期の治療を受け、そして決して安くない治療費を支払っているのに「なぜ」という感情がわくかもしれません。

しかし大多数の患者さんは違和感など生じずに、インプラントとともにすごす食生活を満喫しています。
この差はどうして生じてしまうのでしょうか。

続きを読む

インプラントの不安や疑問にお答えします!

インプラントを入れるかどうか悩む気持ち、お察しします。
「インプラントは、現代の歯科医療技術のなかで、最も天然の歯に近い感触を取り戻せる治療」と言われています。インプラントがしっかり骨と結合すれば、リンゴでもフランスパンでも食べることもできます。
そのため、虫歯や歯周病で歯を失った人は「インプラントを入れたい」と強く思うでしょう。
一方で、「インプラントは手術が大変」「インプラントといえども『絶対』ではない」「治療費が高い」という評判を聞いてしまうと、「やっぱりやめておこうかな」と思ってしまうのではないでしょうか。
そこで今回は、インプラント治療に不安を持っている方に「インプラント治療の実際」を紹介します。
これを読んでいただければ、不安と一緒に長年の疑問も解消できるでしょう。

続きを読む

オールオン4の寿命を縮める生活習慣は?

歯を失ってしまった場合の治療法には、入れ歯やインプラントなどがあります。これらは、今までの自分の歯の代わりとなり体の一部として機能してくれるのですが、それぞれの人工歯には寿命があります。人工歯の寿命は入れ歯で約3~5年、インプラントの場合は約10年と言われています。しかし、この寿命はメンテナンス次第では大きく下回ってしまうのです。インプラントの場合、約90パーセントの人が10年後も問題なく機能しているといわれていますが、見方を変えると約10パーセントの人は10年以内にダメになってしまっているのです。今回は、インプラント治療の1つであるオールオン4の寿命についてお話しいたします。

続きを読む

オールオン4での治療が向いている人は?

オールオン4はとても新しく、日本に進出したのは2011年とつい数年前になります。オールオン4は最先端の歯科治療法で、従来のインプラント治療に比べて、埋め込むインプラントの本数が少なくて済むので、身体的にも経済的にも負担が軽減されました。これにより、今まで諦めていた人でもインプラント治療ができるようになりました。
しかし、オールオン4はどのような方でも治療可能というわけではありません。今回は、オールオン4が向いているのはどのような人なのか見ていきましょう。

続きを読む

インプラント中のトラブル!治療部分から膿が出た場合の対処法

インプラントは、噛み心地がとてもよく、天然の歯と同じように食事を楽しむことができます。しかし、インプラントは外科手術を伴う治療のため、トラブルが起こらないとは限りません。定期的なメンテナンスを受けることで異常があれば早期発見することができますが、毎日自分で丁寧にお手入れすることも重要です。
それでも、インプラント治療部分に何かトラブルが起きてしまった場合、どのように対処したらよいのでしょうか。

続きを読む

1 / 912345...最後 »
^