インビザラインGOシステムのメリット・デメリット

インビザラインGOシステムのメリット

インビザラインGOシステムのメリット

1.「前歯だけ」のお悩みを解決できます
インビザラインGOシステムは、前歯のちょっとした重なりやすきっ歯などのお悩みを、マウスピースを装着するだけで徐々になおしていくことができます。また、過去に矯正治療をして後戻りをした部分もきれいになおすことができます。

2.目立ちません
透明で薄いプラスチックのマウスピース装置を使用しますので、従来のブラケット矯正とは違って目立つという心配がありません。
また、装置により、口元がボコッと盛り上がるということもありません。そのため、これまで矯正治療をためらっていた方でも、見た目を気にせず矯正していただくことができます。

3.違和感や痛みがほとんどありません
マウスピース矯正装置は歯の表面にワイヤーや金具がつきませんので、粘膜を刺激したり、傷つけたりすることがありません。
また、一度に歯を動かす量は、歯に無理がかからない程度に抑えられていますので、歯が動く際の痛みも少なめなのが特徴です。
4.快適です
ゴツゴツした金具がありませんので、つけ心地が快適です。また、食事や歯磨きの際には外しますので、従来のように矯正装置によって生活が不便になることもなく、快適に過ごすことができます。
5.歯や体に優しいです
歯磨きが従来通り行えますので、歯や歯茎も健康に保つことができます。また、装置は体に安全な医療用プラスチックが使われており、金属は一切使用されていませんので金属アレルギーの心配もありません。
6.治療期間や治療回数を少なくできます
マウスピースは患者様ご自身に交換していただきますので、歯科医院への通院回数は従来と比べて少なめで済みます。また、来院時には歯に装置をつけたり調整したり、というような従来のステップが必要なく、歯の動き具合のチェックをするのがメインとなりますので、チェアータイムも短くて済みます。さらに、前歯だけに限られた矯正治療ですので、治療期間も通常よりも短めで終わります。

インビザラインGOシステムのデメリット

インビザラインGOシステムのデメリット

1.治療できる症例が限られます
たとえ患者様が前歯だけが気になっている場合であっても、全体的な歯並びに問題があったり、噛み合わせや骨格に問題があったりする場合などではインビザラインGOシステムで治すことができません。
まずは治療が可能かどうかの診断を行い、治療可能と判断されたケースのみインビザラインGOシステムでの治療を行うことになります。もし不可能な場合にはブラケット矯正など、他の治療法のご提案をさせていただきます。
2.装着時間が守れないと効果が現れにくくなります
インビザラインGOシステムは、ご自分で外せることが大きいメリットではありますが、毎日決められた時間装着できる方でなければ効果が十分に現れない場合があります。
装着を忘れてしまうことが多い、会食、接待、飲み会などが多く、マウスピースを持続してつけられない、というような場合にはあまり適していませんので、他の治療法をおすすめします。

インビザラインGOシステムと従来のブラケット矯正治療との比較

前歯だけの矯正治療はインビザラインGOシステムの他にも従来のブラケット矯正で行うことが可能です。ですが両者にはそれぞれ特色があり、様々な面で違いがあります。

矯正方法インビザラインGOシステムブラケット矯正
目立ちやすさ目立たない表側につくと目立つ
違和感少ない大きい
歯が動く際の痛み少ない調整直後は痛みが強く出やすい
虫歯・歯周病リスク高くならない高くなる
食べやすさ食べやすい食べにくい
歯磨きのしやすさしやすいしにくい
通院頻度4〜6週間に1度3〜4週間に1度
1回の診療時間20〜30分程度60分前後
自分での取り外し可能(自己管理が必要)不可能(自己管理は不要)

^