インプラント治療のリスク・デメリット

インプラント治療は医療行為であり、手術を伴います。インプラントは天然歯により近く噛める、塞差性が高いというような素晴らしいメリットがありますが、やはりその一方で、インプラントを顎の中に埋入する手術を受ける必要がある、義歯とは違い、手術という大きな壁を乗り越える必要があります。これがデメリットと言えます。
インプラント治療をお考えの方は、治療後に「こんなはずではなかった」と後悔することのないよう、インプラント治療の良い面ばかりではなく、リスクやデメリットをよく理解した上で治療法を決定していくことが大切です。

インプラント治療のリスク

■インプラント手術時のリスク

■血管や神経の損傷
インプラントの穴を開ける際に、大事な血管や神経を誤って傷つけてしまうことがあります。CT撮影を行わずにインプラント手術を行うと、このような事故が起こる場合があります。

■骨の貫通、上顎洞への突き抜け
骨の状態をよく把握せずにインプラント手術を行うと、インプラントの穴をほる段階で方向を間違えて骨を貫通したり、上顎洞と呼ばれる副鼻腔にインプラントが突き抜けたりすることがあります。こちらもCT撮影を行わない場合に起こりがちなトラブルです。

■オーバーヒート
インプラントの穴を開ける際に、ドリルの回転が強すぎたり、力がかかりすぎると、骨が火傷を負った状態(オーバーヒート)となり、骨が壊死してしまいます。インプラント、ドリリング時に注水を行う必要が有り、歯科麻酔医が器具の点検・注水の確認などをする必要が有ります。

■細菌感染
きちんと消毒滅菌がなされていない器具を使って手術を行なったり、口腔内が不衛生な状態で手術を行なったり、うがい薬(クロルヘキシジンなど)の実行を行わない時に、インプラントを行なった傷口より細菌感染を起こすことがあります。

■インプラント治療後のリスク

■インプラントが骨とくっつかない
骨不足や骨の質が悪い、細菌感染、インプラントに異常な力がかかった、というようなことが原因でインプラントと骨がうまく接合しない場合が稀にあります。インプラントが骨に入った時のトルク値を確認する必要があります。

■インプラント周囲炎
お口の清掃状態が悪かったり、歯科医院での定期的なメインテナンスを怠ったりすると、インプラントの周囲に歯周病菌が感染してインプラント周囲炎を起こし、インプラントが長持ちしないことがあります。

※当院では、インプラント治療に精通した歯科医師が、衛生管理を徹底した環境でインプラント手術を行っています。また、インプラント手術を行う前に必ずCTスキャンを行ない、あごの骨の状態をしっかりと把握した状態で安全・確実な施術を行いますので、安心して治療を受けていただくことができます。
また、手術前に①十分な治療説明 ②体のチェック ③CTスキャン、模型の製作により、手術の内容を把握  歯科麻酔医が、血液検査、心電図、既往歴の問診など、体全体を調べます。
インプラントが入った後も、インプラントを長期的に使っていただけるよう、メインテナンスにも力を入れております。

インプラントのデメリット

■インプラントのデメリットとは

■治療費が高額
インプラント治療は保険が適用されませんので、どうしても他の治療に比べると高額になってしまいます。

■手術を受ける必要がある
ブリッジや入れ歯と違い、インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込む手術が必要になります。歯科麻酔医が静脈鎮静法(少し眠った形での手術を行う)を行うので、全身管理体制での手術と成り、痛みをかなり軽減することができますが、重度の全身疾患がある方でリスクが高い場合には手術が行えない場合があります。

■治療期間が長くかかる場合がある
インプラントは、骨の状態にもよりますが、骨と結合するまでに数ヶ月を要します。そのため、最終的に人工歯が入るまで、通常3ヶ月〜6ヶ月ほど治療期間がかかってしまいます。

※インプラントは治療費が高額にはなりますが、しっかりとお手入れをすれば長期にわたる咀嚼が可能な治療です。つまり、他の治療と比較して結果的に長く持たせることができます。
また、治療期間は他の治療に比べて一般的に長くかかりますが、場合によってはすぐに仮歯を入れることも可能であり、短期間の治療期間で終われることもあります。

^