五十嵐歯科医院 インプラント治療の特色

豊富な症例

五十嵐歯科医院(京都府京都市)では平成30年5月末まででインプラント埋入総本数が8,000本を超えました。
京都の中でも特に実績があり、たくさんの症例を持つインプラント医院です。

カウンセリング

「インプラントの寿命は何年?」
「他院で無理と言われたけどやっぱりインプラントがしたい」
「京都市在住じゃないのだけど京都府や京都以外の場所から通院している人はいる?」

上記のようなお悩みを当医院では患者様が納得いくまでわかりやすくご説明いたします。

設備紹介

京都でも珍しい4階建ての当医院は、インプラント治療など各種手術に対応できるオペ室はもちろん、個室診療室やCTスキャン室など、京都府・京都市内の歯科の中で、充実した設備を整えています。

高品質インプラント

患者様にとって有益な材料を用いて治療を提供するため、高品質のインプラントを使用しています。
歯科治療において、性能の高い材料を取り入れ、患者様に提供します。

通いやすい医院

京都府京都市にある五十嵐歯科医院は京都府・京都市内はもちろん、京都周辺の高槻市や大阪府茨木市、亀岡市、滋賀県方面など、京都以外からもたくさん通院して頂いています。
JR京都線「桂川駅」から徒歩17分・阪急京都線「桂駅」から徒歩18分と通いやすい環境でそれぞれバスも出ております。

安心の治療

10人の患者様がいれば10通りの治療方法があります。
同じ治療法の人はいませんし、完全なオーダーメイドです。
五十嵐歯科医院では症例をもとに、充実した設備や志の高いスタッフが、安心安全な治療をお約束します。
歯科麻酔医が、全身管理しているため高齢者にも安心です。

ごあいさつ

五十嵐院長

五十嵐歯科医院は京都府京都市にあるインプラント治療に強い歯医者です。
五十嵐歯科医院では「全顎治療」(口内全体にわたる治療)を医院方針に掲げ、インプラント(人工歯根)や歯周外科、矯正歯科(松本歯列矯正センターとの連携により)など幅広い分野において、つねに高度な技術をもって治療に取り組んでいます。

京都市や亀岡市、向日市、高槻市など、県外だと滋賀県や大阪府茨木市、新潟県長岡市からもご来院いただいています。
インプラントの治療をお考えなら、年間症例700~800件を対応している専門医がいる京都府京都市の五十嵐歯科医院にご相談ください。

インプラントについては オールオン4ノーベルガイドや顎顔面変形など様々な難症例にも対応しております。
CT-スキャン(広視野・頭頚部用X線CT診断装置)をはじめとする設備の導入や血液検査、さらには心電図、脈拍、血圧のモニター管理による外科手術も行っています。
加えて専門の歯科麻酔医を随伴させることで、より安全に患者様の精神的負担をより軽減した環境の中で、抜歯、インプラント治療などを行うことができます。
またスタッフの講習会参加、専門資格取得や講習会の開催、海外からの外国人講師の招聘など、今後開業を志す歯科医の育成にも力をいれています。

五十嵐歯科医院は京都でも充実したインプラント医療設備と清潔な診療室で治療をしております。

メディア情報

五十嵐院長が南カリフォルニア大学で講演しました

KBS京都ラジオ番組でインプラントや歯の話をしています

インプラント治療に関する話はもちろん、口臭や顎関節症、お子様の歯の矯正など、歯に関する様々な事を話しておりますので、是非ともご参考いただければと思います。
内容は下記よりご視聴頂けます。

五十嵐院長著書 書籍第3弾発刊致しました

歯科専門学術誌 クインテッセンス出版社から発売中!
歯を失うと、体全体に影響する!!

第3巻では、歯を失ったり、噛む力が減退することが、体全体の虚弱につながることを解説しています。
歯を失うことで、姿勢が悪くなり咀嚼能力が低下し、耳下腺などの唾液腺への刺激が少なくなり、唾液が少なくなります。
それにより、舌が乾き、飲み込むことが困難となっていきます。
インプラントを埋入し、即日に仮歯を入れることで、顔貌に大きな変化が起こり、口腔周囲筋が変化し、顔が若返り、咀嚼機能が高まります。
本書は、700症例以上のオールオン4などの即時荷重症例を基に、顔貌を分類し、どの咀嚼筋、表情筋を使用することで歯を失う前の顔に戻し、健康を取り戻せるかを五十嵐院長が歯科医学専門誌より発刊したものです。

Vol.1 歯を喪失することで顔がどのように変化するか
Vol.2 筋肉の配置も考慮して具体的にどのように治療するか
Vol.3 口腔内の虚弱が健康に大きな影響を与える

五十嵐委員長の著書の紹介

プロビジョナルレストレーション装着期間中の口腔周囲筋トレーニングVol.1 側貌分析・分類およびトレーニング編
五十嵐歯科医院院長 主著書
プロビジョナルレストレーション装着期間中の口腔周囲筋トレーニング
Vol.1 側貌分析・分類およびトレーニング編
詳しく見る
ファイナルレストレーション装着後の口腔周囲筋ケアVol.2 術後管理編
五十嵐歯科医院院長 著書
ファイナルレストレーション装着後の口腔周囲筋ケア
Vol.2 術後管理編
詳しく見る
evolution
五十嵐歯科医院院長 翻訳
evolution
オーラルリハビリテーションコンセンサス会議議事録
五十嵐歯科医院院長 監修
オーラルリハビリテーション
コンセンサス会議議事録
プロビジョナルレストレーション装着期間中の口腔周囲筋トレーニング Vol.1 英語版
五十嵐歯科医院院長 著書
プロビジョナルレストレーション装着期間中の口腔周囲筋トレーニング Vol.1 英語版

インプラント治療とは

インプラントが注目され続けているのは、現代の歯科医学の中で天然の歯に近い人工の歯だからです。
インプラントは、噛み心地や噛む力、見た目のよさ、耐久性、どれを取っても入れ歯や被せ物や詰め物などを上回ります。
歯医者が自身をもって患者様におすすめできる治療です。
インプラントの特長は、歯の根の部分である「人工歯根(しこん)」です。
被せ物や詰め物は、過去に虫歯になった天然の歯の上に乗せます。
しかし、インプラントはチタンという硬くて衝撃に強い金属を顎の骨に埋め込むので、根がしっかりしているのです。
根が発達している樹木が台風や嵐に強いように、しっかりした人工歯根を持つインプラントは天然の健康な歯並みの力強さを兼ね備えているということです。

インプラントの3つのパーツからなる

インプラントは、「インプラント体」「人工の歯」「アバットメント」という3つのパーツからできています。
「インプラント体」は、チタン製のネジのようなもので、顎の骨に埋め込み歯根の役割を果たします。
「人工の歯」は、口の中の食物を噛むパーツで、いわゆる歯の部分に該当します。
そして、インプラント体と人工の歯をつなぎ合わせるのが「アバットメント」と言われるパーツです。

インプラントは見た目がよい

インプラントを入れている人の歯を見ても、少し観察したくらいでは天然の歯と見分けがつきません。
それほどインプラントの歯は緻密かつ精巧にできているのです。
見た目がいいことを「審美性に優れている」といいますが、インプラントはまさにその言葉が当てはまる治療といえるでしょう。

インプラントは手術が必要

インプラントは顎の骨に埋め込むので、歯茎を切る手術を行わなければなりません。
ある程度体に負担がかかる治療になってしまうので、骨が脆い方や重い病気を持っている方はインプラント治療を受けられないことがあります。
ただ、元気な高齢者も普通にインプラントを入れているので、ご自身で「無理かもしれない」と諦めてしまわずに、まずは当医院にご相談ください。

料金が高いのは何故なのか

「インプラントの料金(治療費)は高い」と感じている人は少なくないと思います。
インプラントの料金が高くなってしまうのは、医療保険の適用範囲外の治療だからです。
医療保険が使えれば患者様の負担は3割で済むのですが、インプラント治療の場合は全額患者様負担になってしまいます。
また、インプラントは手術という高度な技術を使った治療になり、医療器具や材料を多く使います。
顎の骨を露わにするので、手術室を超クリーン状態に維持する必要もあります。
そのためどうしてもコストがかさみ、治療費が高くなってしまうのです。

ただ、インプラント治療を受けると、国の「医療費控除」という制度が使えるようになります。
医療費控除を使うと支払う税金が少し安くなります。
詳しくは当院のスタッフにお尋ねください。

手術後の注意点

インプラントを入れた方は、食生活ががらりと変わるでしょう。
好きな食事ができて、しっかり噛むことができるので、食べる喜びが復活するはずです。

しかし、インプラントは特別な治療なので、特別なケアが必要になります。
「インプラント治療後の注意点」を守っていただかないと、最悪、インプラントが抜け落ちるという事態を引き起こしてしまいます。
ただし、不安に感じる必要はありません。
習慣づけてしまえば難しいことは一つもないからです。

インプラントを入れた後の生活について

インプラントを入れた直後は手術の傷がまだ治ってない状態ですので、辛いもの酸っぱいものなどの刺激物は食べないでください。
また、手術当日はお風呂とアルコールは控えてください。
インプラントを入れてから1週間前後に抜糸をするために来院していただく必要があります。
それ以降は自由に食べたり飲んだりすることができます。

インプラント周囲炎

インプラントを入れた方が注意しなければならないのは、インプラント周囲炎です。
これは、歯周病と同様に顎の骨が減ってしまう病気です。
インプラント周囲炎を発症すると、出血や膿が出てきて最終的にはインプラントが抜けてしまいます。
しかも、インプラント周囲炎は初期症状が出にくいものの、進行の速さは通常の歯周病の10倍に達します。
インプラント周囲炎を防ぐには「とにかく歯磨き」です。

タバコについて

インプラントを入れた方は、禁煙していただくことをおすすめします。
タバコは歯の健康を阻害し、インプラントにとってはさらに大きな影響を及ぼすからです。

インプラント専用の歯ブラシとは

インプラントを入れた方は、1日「3回+1回」の歯磨きを心がけてください。
毎食後、速やかに歯をみがいてください。
働いている方は昼食後や夜の会食後の歯磨きが難しくなる傾向にありますが、携帯用歯ブラシを使うなどして食後の歯磨きを徹底してください。
そして、夕食後の歯磨きから寝るまでに数時間経過してしまったら、就寝前にもう一度歯ブラシしてください。これが「+1回」の意味です。

インプラントを入れた方は、通常の歯ブラシとインプラント専用歯ブラシの「二刀流」で歯磨きをしてください。
インプラント専用歯ブラシは、ヘッドが細くなっています。
インプラント専用歯ブラシはドラッグストアやネット通販に買うことができます。
これでインプラントの根元の汚れをしっかり落としてください。

定期的なメンテナンスさえすれば長くインプラントは使える

治療後の注意点を守れば、インプラントは驚くほど長持ちします。
ある研究では、インプラントが15年後も機能している確率は90%以上という結果が出ています。
15年経ってもインプラントでしっかり噛むことができるということです。

五十嵐歯科医院では、インプラントの相談から治療まで行っていますので、インプラントを検討されている方は、ぜひお気軽にご相談ください。

インプラント治療後のご来院について

インプラントを入れた後、定期的にご来院いただき、状態を見させていただきます。
通院回数の目安は、インプラントを入れてから1年間は3~4カ月に1度、それ以降は6カ月に1度となります。
ただし、新たな虫歯が発生したり、インプラント周囲炎が疑われたりした場合は、来院回数が増えます。

五十嵐歯科医院へのアクセス方法

五十嵐歯科医院へのご来院は、公共交通機関が便利です。
また、無料の専用駐車場も当院横に用意してありますのでお車でのご来院も可能です。

公共交通機関を使ったアクセス

公共交通機関ではJRまたはバスがございます。

阪急京都線「桂駅」
阪急京都線「桂駅」の東口に出て市バスに乗ります。
市バスは以下のいずれかに乗車し、停留所「下津林大般若町」で下車すると当院が見えます。
「京都中央信用金庫下津林支店」の隣の茶色いビルが当院です。
「桂駅」から徒歩ですと18分ほどかかります。
JR東海道本線「桂川駅」
JR東海道本線「桂川駅」で下車したらイオン側の出口から市バスに乗ります。
市バスは以下のいずれかに乗車し、停留所「下津林大般若町」で下車すると当院が見えます。
京都中央信用金庫下津林支店の隣の茶色いビルが当院です。
「桂川駅」から徒歩の場合は、17分ほどかかります。
停留所「下津林大般若町」に停まるバス
「70号系統 JR桂川駅 洛西口駅 小畑川公園北口行き」
「南1号系統 桂高校 JR桂川駅 竹田駅西口行き」
「69号系統 四条大宮・二条駅行き」
「南1号系統 下桂 JR桂川駅 竹田駅西口行き」
「特南1号系統 下桂 桂高校行き」
停留所「下津林大般若町」に停まるバス
「70号系統 太秦天神川駅行き」
「南1号系統 下桂 桂駅東口行き」
「南1号系統 桂高校 桂駅東口行き」
「特南1号系統 川島六ノ坪町 桂駅東口行き」
「69号系統 桂駅東口行き」

お車でのアクセス

無料の駐車場を約10台分用意しております。
駐車場は当院の1階と当院の横に計2か所あります。

「イオンモール京都桂川」からのアクセス
「イオンモール京都桂川」からJR東海道本線沿いに「桂川」のほうに向かって走ります。
桂川街道を左折し、200mほど直進すると「京都中央信用金庫下津林支店」が見え、そこを左折するとすぐに当院が見えます。
「イオンモール京都桂川」から5分ほどで到着できます。
名神高速道路をご利用の方
名神高速道路「京都南インターチェンジ」で降り、「桂離宮」のほうに走ってください。
「桂川街道」に入りJR東海道本線の高架下を通過すると、「京都中央信用金庫下津林支店」がある「下津林の交差点」があるので、それを左折するとすぐに当院が見えます。
名神高速道路「京都南インターチェンジ」から13分ほどで到着できます。
京都縦貫自動車道をご利用の方
京都縦貫自動車道「沓掛インターチェンジ」で降り(ただし、宮津方面からの出口しかありません)、そのまま「山陰道」に乗り、「阪急京都線」を越え「桂川」のほうに向かいます。
桂川街道に入り、「京都中央信用金庫下津林支店」のある「下津林の交差点」を右折するとすぐに当院が見えます。
京都縦貫自動車道「沓掛インターチェンジ」から16分ほどで到着できます。

お知らせ