インプラント治療について

新型CT装置導入

新型CT装置導入

新型CT装置ヨシダ トロフィーパン スープリーム3Dを導入しました

五十嵐歯科医院では、新しくヨシダ トロフィーパン スープリーム3Dという歯科用CT装置を導入いたしました。
この新型CT装置により、従来のものと比較してX線の照射量をより抑えつつ、高画質な画像を撮影することができるようになり、さらには従来には不可能だったことも可能になりました。

ヨシダ トロフィーパン スープリーム3D

ヨシダ トロフィーパン スープリーム3Dの特徴

■手術前の歯科麻酔医による全身状態の確認

ライブポジショニングアシスタント、ビデオカメラ、スマートオートテクノロジーといった新技術を搭載することで、撮影時の位置付けが簡単になり、より精密なスキャンの実現、検査精度の向上が実現しました。これにより、撮影し直しのリスクを大幅に下げることができるなど、患者様の負担を減少しました。

また、撮影モードごとに患者様の体型・線量・顎骨の形など、全ての位置づけ情報を記憶することができるため、次回撮影時に同様の条件を簡単、正確に再現でき、術前、術中、術後の比較も正確に行うことができます。

■放射線量を下げつつも画質を向上

画像の鮮鋭度を上げながら、その部分に当たる放射線量を下げることができます。また、金属のアーチファクトを減少させる機能が付いているため、従来よりも見やすい画像を実現し、正確な診断が行えます。

■筋肉の様子もわかる

ヨシダ トロフィーパン スープリーム3D

CTで撮影した顔面骨の3D画像と、お顔の立体画像をマッチングできるため、表情筋の様子も見ることができます。

ヨシダ トロフィーパン スープリーム3D

また、咽頭の容積が出るため、飲み込みの機能がしっかりと行えているかもわかります。インプラントの治療前と治療後にCT撮影を行うことで、咽頭の状態を比較することができ、インプラントによって飲み込みの力が改善したというのを確認していただくことができます。

この新型CT装置により、インプラント治療、顎関節症、難しい親知らず、骨折、根の治療、気道などの診断をより正確に診断できるようになり、治療の精度向上、患者様の負担減少が可能になりました。
また顎模型を3Dプリンターで製作し、手術を模型上でも行え、手術時間の短縮することもできます。

^