インプラント治療について

歯科麻酔

歯科麻酔医が常にいると、何が違うのでしょうか?

麻酔

1. 身体の異変に直ぐ対応できます

生体モニター
治療中は生体モニターをつけて点滴をするので、血圧変動など身体の異変に直ぐ対応可能です。常に麻酔医がおりますので、高齢者の方にも治療中安心していただけます。

2. 怖くない、痛みも軽減

手術が怖いと思われる方にも安心してオペを受けていただけるよう静脈内鎮静法を用いています。
静脈内鎮静法は、手術や治療に強い不安や恐怖心、緊張を持っている方でも、リラックスした無痛状態を作り出し、患者様が安心して治療を受けることができます。怖くなく、痛みが軽減され、身体的・心理的に患者様への負担を軽くすることができます。

3. 点滴でお薬を入れることで、腫れや痛みも楽に解消できます

衛生士による確認
「急に親知らず腫れた」「歯の周囲が腫れて耐えれない」「顔や顎まで腫れてきた」などつらい痛みを伴うお口のトラブルに対処するため鎮痛剤を処方されることも多いですが、鎮痛剤を飲んでお腹の調子悪くなったり、効きにくいなど、お薬に対してお悩みの方には、点滴は特に有効な方法です。点滴で、お薬を入れるので、楽に腫れや痛みの軽減につながります。

4. 歯科麻酔医が2名在勤

歯科麻酔医が2名も在勤している歯科医院は、全国でも数少なく、京都では五十嵐歯科のみです。

歯の治療後ふらふらする。抜歯後、痛みが継続するなどお困りの方へ
歯科麻酔医が、患者様の痛みの軽減のために、点滴やお薬の相談をお受けいたします!
五十嵐歯科では、歯科麻酔医常駐体制を整えていますので、オールオンフォー等の外科手術を安心して受けることが出来ます。

歯科麻酔専門医による安心で安全な診療が受けられます

インプラント手術は、通常、局所麻酔で行います。痛みはありませんので、安心して手術を受けていただくことができます。
…とはいっても…意識ははっきりしています。手術中の音や振動などがすべてわかってしまい、緊張や不安が高まってしまいます。緊張や不安は心身に大きなストレスをもたらし、場合によっては予期せぬ重篤な偶発症をも生じかねません。
局所麻酔によるインプラント手術に、静脈内鎮静法という方法を併用すると、手術中の意識が薄れ、心身に与えるストレスを減少させることができ、より快適、より安全に手術を受けていただくことができます。

静脈内鎮静法を併用したインプラントなどの手術に伴う全身管理は、歯科口腔外科領域における「全身麻酔」「鎮静法」「疼痛治療」当を専門に行う歯科麻酔医(日本歯科麻酔学会認定医)が担当します。2名の麻酔医が非常勤でおります。

静脈内鎮静法を併用したインプラントなどの手術に伴う全身管理は、歯科口腔外科領域における「全身麻酔」「鎮静法」「疼痛治療」当を専門に行う歯科麻酔医(日本歯科麻酔学会認定医)が担当

管理計画

インプラントなどの手術に先がけ、診察(問診・血圧測定・胸部聴診 等)および検査(尿・血液・心電図 等)を実施し、患者さん個々の健康状態や体質などを考慮した管理計画を立てます。

鎮静管理

インプラントなどの手術中は、最新の生体情報モニターを駆使し、脈拍・血圧・心電図・呼吸等の全身状態を厳重に監視しながら鎮静管理を行います。

^