インプラント治療について

プロセラ・オールセラムシステム

噛む力プラス透明感のある歯の輝きを、もう一度!

プロセラ・オールセラム

前歯の色などにお悩みの方へ。もっとも自然で審美性の高い仕上がりのプロセラ・オールセラムシステム(ノーベルバイオケア社製)です。このシステムにより、天然歯の自然な輝きをプロセラ・オールセラムで取り戻すことが出来るのではないでしょうか。

黄ばみ・黒ずみや歯ぐきとの間の黒い線に

歯が黄ばんできた方やスポーツなどで衝撃を受けて前歯全体が黒ずんでしまった人、さし歯をしていて歯茎との境目に黒い線ができてしまった人など、前歯の変色に悩む人は多いでしょう。
変色した歯を白くするには歯科用漂白剤を塗布して変色を脱色するブリーチングがよく知られていますが、それでは対応できないものもあります。
プロセラ・オールセラムシステムは透明感ある天然歯のような自然な輝きを取り戻せる技術で、ふたつのモデルがあります。

プロセラ・オールセラム クラウン

口腔内のすべての歯に適用できる方法で、土台となる歯の外側に人工歯としてすっぽりかぶせるタイプです。
セラミックのみで作られているので金属アレルギーの方に有効ではないでしょうか。
インプラントとの併用で天然歯とほとんど見分けがつかない仕上がりが期待できます。

プロセラ・オールセラム ラミネート

前歯のエナメル層を薄く削り、その上にセラミックを貼り付けるものです。こちらもセラミックのみで作られているので金属アレルギーの方に有効だと思われます。よく目立つ前歯でもプロセラ・オールセラムのもつ理想的な光の透過性が高い審美性を発揮します。


強度に優れ透明感のある美しい色あい

歯科用セラミックの原料であるアルミナは、高熱処理をする過程できわめて緻密な焼結アルミナ材となります。より強度を高めるためにはできる限りアルミナの含有量を高めることが必要ですが、プロセラ・オールセラムは特殊なCAD/CAM技術によ99.5%以上の含有量を実現しました。また同時にアルミナのコア部分はトランスルーセントと呼ばれる半透明の性質をもつため、ほとんど天然歯と変わらない生き生きとした色合いが生まれます。優れた強度と理想的な光の透過性がプロセラ・オールセラムの特長といえます。

CAD/CAMによる製作

プロセラ・オールセラムは、CAD/CAMという技術で製作されます。 これは「Computer Aided Design and Computer Aided Manufacturing」の略で、コンピュータ支援による設計とコンピュータ支援による製作を行うシステムのことで、CTスキャンデータから、3D画像を作成、それをもとにコンピュータ制御の機械を使って人工歯を製作します。 CAD/CAMシステムでは製作される人工歯は誤差もほとんどなく、理想的なフィット感にすぐれています。現在、プロセラ・オールセラムはすべてこのシステムを使って製作しています。

CAD/CAMによる製作

審美的歯科治療で取り扱っている治療とメリット・デメリット

審美歯科治療は歯の本来の噛む機能を取り戻すと同時に、歯や口元の審美面に重点を置いた治療法です。また、それと同時に、質の良い材料を用いることで、歯や体に優しい治療、つまり健康的に治療を行うことができるという点でも非常に優れた治療法です。審美歯科治療で取り扱っている治療の種類とそれぞれのメリット・デメリットについてご紹介します。

■歯のホワイトニング

歯のホワイトニングは、専用のホワイトニングジェルを使って天然歯を白くしていく方法です。歯の変色が気になる方でも、歯を削らずにご自分の歯を白くすることができます。歯科医院のチェアーで行う効果の早いオフィスホワイトニング、ご家庭でご自分のペースで行えるホームホワイトニングがあります。

メリット
・歯を削らずに白くできるので健康的
・歯科医院専用のホワイトニング剤を使うので効果が高い

デメリット
・保険がきかない
・人によっては施術時や施術後に歯が一時的にしみることがある
・神経のない歯や被せ物、詰め物は白くできない

■ラミネートベニア

ラミネートベニアは、歯の変色やすきっ歯などが気になる場合に、歯の表面に薄いセラミックを貼り付けることで、見た目の改善をする方法です。

メリット
・ホワイトニングで効果が出ない重度の変色でも白くすることができる
・矯正治療をせずにすきっ歯を治すことができる
・セラミックなので歯や歯茎に優しい

デメリット
・保険がきかない
・歯の表面を少し削る必要がある

■セラミック治療

セラミック治療は、セラミックの素材を使って詰め物や被せ物をする治療です。保険の銀歯やプラスチックの見た目が気になっている方、歯並びが気になっているけれども矯正治療はしたくない方におすすめです。

メリット
・天然歯のような見た目を再現できる
・年数が経っても変色しない
・プラークがつきにくいので、歯や歯茎に優しい
・歯や歯茎を黒く変色させない
・オールセラミック(金属を使用しないセラミック)の場合、金属アレルギーのリスクがない

デメリット
・保険がきかない
・セラミックの詰め物、被せ物の強度を持たせるために、歯を少し多めに削る必要がある
・フレームに金属を使用する場合には金属アレルギーのリスクがある(ただし保険の材料に比べるとリスクは低い)

^