電話番号 0120-418-889
アクセス
資料請求
お問い合わせ
歯科コラム

オールオン4に定期的なメンテナンスが欠かせないのはなぜ?

オールオン4は、顎の骨に埋め込んだインプラントに人工歯を固定する人工的な装置ですが、天然歯と同様、長く良い状態でお使いいただくためには定期的なメンテナンスというものが欠かせません。

今回は、オールオン4の定期メンテナンスではどのようなことを行うのか、またそれをきちんと行わない場合のリスクについてご紹介します。

オールオン4の定期メンテナンスで行うこと

オールオン4の人工歯部分の点検

オールオン4は、顎の骨に埋め込んだインプラントと人工歯が固定してされています。定期メンテナンスの際には、必要に応じて人工歯を取り外し、インプラント周囲に炎症がないか、インプラントスクリューの緩みなどはないか、人工歯で破損している部分はないか、などをくまなくチェックします。

インプラント部のレントゲン診査

骨に埋まっているインプラント部の状況を確認するために、レントゲンを撮ってチェックを行います。

クリーニング

毎日の歯磨きを丁寧に行っていても、やはり細かい磨き残しというものは多かれ少なかれ出てしまいます。そのため、メンテナンスの際にはインプラントと歯茎の間のわずかな隙間を専用の器具で清掃します。場合によっては人工歯を外して清掃を行うこともあります。

ブラッシング指導

オールオン4を長持ちさせるために最も大事なのは、患者様ご自身による毎日のお手入れがいかに丁寧に行えるか、ということです。そのため、患者様ができるだけ効率よくブラッシングができるように、丁寧にアドバイスいたします。

噛み合わせのチェック

オールオン4を支えているインプラントに異常な力がかからないように定期的に噛み合わせの状態もチェックし、問題がある部分はその都度調整を行なっていきます。

オールオン4の定期メンテナンスの頻度

allon4_maintenance_02

オールオン4の定期メンテナンスは、オールオン4を装着したばかりの段階では、問題なく使えているかを見るために、念のために1〜2週間後や1ヶ月後くらいの短い間隔で行うこともありますが、その後は3ヶ月に一度くらいのペースが目安となります。

ですが、お口の状況はそれぞれの人によって異なるので、ご自分がどのくらいのペースで定期メンテナンスをうけたほうがいいのか、ということに関しては、直接歯科医師と相談して決めていくことになります。

オールオン4の定期メンテナンスを受けないリスク

allon4_maintenance_01

オールオン4の定期メンテナンスを受けない場合、インプラント周囲に汚れが蓄積してしまうことにより、細菌感染を起こし、インプラントが早期に抜け落ちてしまい、オールオン4を支えられなくなるリスクがあります。

また、インプラントやオールオン4の治療には、保証期間というものが設けられていることが一般的ですが、定期メンテナンスを受けない場合には、保証が適用されなくなるため、その点にも注意するようにしましょう。

五十嵐歯科医院ではこれまでに多くのオールオン4治療を行っておりますので、興味のある方はお気軽にご相談ください。

免疫力を上げるためには口腔ケアが必要です
ウイルス対策、滅菌体制に関して

当歯科医院は、患者様一人一人に対して、全ての器具を滅菌しています。手袋など、手用器具も、全て患者様ごとに廃棄しています。院内では、施術場所に、空気洗浄機が備えてあり室内空調を管理しています。インフルエンザウイルスの防備に最善を尽くしております。

また、体調管理の為、インプラント 抜歯時や、歯科治療時に、歯科麻酔医が、モニターで、血圧、心電図などを把握して、点滴を行い痛みの軽減、施術部位の腫れを必要最小限に抑える歯科医療を行なっております。

インスタグラム

歯科コラム

歯科コラム一覧
コラム
年末年始休暇のお知らせ
9月の休診日のお知らせ
8月の休診日のお知らせ
年末年始休診のご案内
8月休診日とお盆休みのご案内
お知らせ一覧