電話番号 0120-418-889
アクセス
資料請求
お問い合わせ
歯科コラム

オールオン4手術は入院が必要?日帰り手術は可能?

オールオン4は、片顎に4〜6本という少ない本数のインプラントを埋めて、早ければ当日に全体的な歯の見た目の回復、噛む機能の回復をすることができる治療法ですが、インプラントを埋め込むための「手術」が避けられません。

「手術」というと、「入院が必要になるのでは?」と不安に思う方もいるかもしれませんね。
そこで今回は、オールオン4の手術は、入院が必要になるのか、もしくは、日帰り手術が可能なのか、ということについて見ていきたいと思います。

オールオン4手術の流れ

オールオン4手術を行う前には、あらかじめ、レントゲンやCT撮影、治療計画の立案、仮歯作りなどを行なっておきます。
実際の手術の日には、大まかに次のような流れで治療が進められます。

麻酔

歯茎に、局所麻酔をします。これは通常の歯科治療の際に行う麻酔と同じものです。オールオン4手術の際には、通常、不安な気持ちを感じずに落ち着いて手術が進められるよう、点滴でリラックス麻酔(静脈内鎮静法)をしながら行います。

インプラントの埋め込み

麻酔が十分に効いたら、インプラントの埋め込みを行います。麻酔がしっかりと効いた状態で行いますので、痛みは感じません。

仮歯の装着

あらかじめ準備しておいた仮歯を装着します。

オールオン4手術では入院が必要?

allon4_day_surgery_01

オールオン4の手術は、それほど時間がかかるわけではないため、通常は上下必要ならば同時に行います。

仮歯に関しても患者様に合ったものをあらかじめオーダーメイドで作ってありますので、
ほとんどの場合、その日のうちに装着することが可能です。また、その日に装着できない場合でも、数日中に入れることが可能です。

リラックス麻酔に関しても、全身麻酔とは異なり、完全に眠ってしまうわけではないので、醒めるまで院内で休憩していただければ、ご帰宅いただけます。

そのため、オールオン4の手術に関しては、入院は必要なく、その日のうちにお帰りいただける日帰り手術となります。

静脈内鎮静法でボーッとした意識はすぐに戻る?

静脈内鎮静法は、うつらうつらと半分眠ったような状態になるもので、点滴を外せば、意識はだんだん回復していきます。ですが、薬の影響が完全に消えるまでには数時間を見ていただく必要があるので、当日は多少フラフラしたりすることがあります。

そのため、車や自転車、バイクなどの運転は控えていただき、タクシーや公共交通機関、もしくはお迎えの方に来ていただくか、ということになります。

このように、たった一日でお口の見た目を改善でき、噛めるようになるオールオン4でも日帰りでの手術が可能です。

五十嵐歯科医院ではこれまでに多くのオールオン4治療を行っておりますので、興味のある方はお気軽にご相談ください。

免疫力を上げるためには口腔ケアが必要です
ウイルス対策、滅菌体制に関して

当歯科医院は、患者様一人一人に対して、全ての器具を滅菌しています。手袋など、手用器具も、全て患者様ごとに廃棄しています。院内では、施術場所に、空気洗浄機が備えてあり室内空調を管理しています。インフルエンザウイルスの防備に最善を尽くしております。

また、体調管理の為、インプラント 抜歯時や、歯科治療時に、歯科麻酔医が、モニターで、血圧、心電図などを把握して、点滴を行い痛みの軽減、施術部位の腫れを必要最小限に抑える歯科医療を行なっております。

インスタグラム

歯科コラム

歯科コラム一覧
コラム
年末年始休暇のお知らせ
9月の休診日のお知らせ
8月の休診日のお知らせ
年末年始休診のご案内
8月休診日とお盆休みのご案内
お知らせ一覧