電話番号 0120-418-889
アクセス
資料請求
お問い合わせ
歯科コラム

オールオン4、インプラントが入っている場合の災害時のケアはどうする?

日本は災害が多い国ですので、どこに住んでいても災害時の避難のことについて備えておく必要があります。避難時に問題になってくることの一つに、お口のケアがあります。

避難時にはお口のケアが思うようにできなくなることもあるので、いざとなった時に困らないよう、対策を考えておきましょう。

災害時に備えて準備しておきたいもの

implant_disaster_management_02

オールオン4を支えている歯はインプラントですが、やはりお口の衛生管理というのは重要で、毎日のお手入れはご自分の歯と同様に欠かせないものです。

そのため、オールオン4、インプラントをお使いの方も、避難時に備えて、お口のケアグッズをあらかじめ非常持ち出し袋の中に準備しておきましょう。

具体的には、次のようなものを準備しておくと安心です。

・歯ブラシ
・歯間ブラシ
・デンタルフロス
・歯磨き剤
・インプラントオーバーデンチャー、入れ歯をお使いの方は入れ歯洗浄剤
・マウスウォッシュ、洗口液
・プラスチックコップ
・キシリトールガム
・ガーゼ、拭き取り用ウェットティッシュ

避難時のお口のお手入れ方法

水が自由に使える場合には、普段通りに歯磨きをしていただき、入れ歯をお使いの方はできるだけ取り外して洗浄、時々は入れ歯洗浄剤につけておくことをおすすめします。

歯磨きがなかなかしづらい場合には、食後に水やお茶で口をゆすぐようにし、ガーゼや拭き取り用ウエットティッシュでできる限り歯の表面を拭い取るようにしましょう。キシリトールガムは、唾液の分泌を促し、自浄作用を高めてくれるので、こういったものも利用するといいでしょう。

入れ歯も洗いにくい場合には、できるだけウェットティッシュなどで汚れを取り除くようにしましょう。

オールオン4、インプラントの場合の災害時の対処

implant_disaster_management_01

オールオン4やインプラントの場合も、基本的にはご自分の歯をお手入れする方法と対処法は変わりません。つまり、インプラントの周囲に食べかすや歯垢が溜まってしまうと細菌感染を起こしやすくなるため、周囲に汚れを溜めない、ということが大事です。

特に、避難所生活になると、食べ物がパンなどの糖質の多いものに偏りやすく、お口のトラブルが起こりやすくなりますので、普段よりも気を使ってお手入れするくらいの気持ちでいることが大事です。

また、インプラントの入っているところは、天然歯よりも細菌感染に対する抵抗力が弱いため、特に気をつけて念入りにお手入れをするくらいがちょうどいいです。

災害時に備えをしておかないと、お手入れグッズがないまま避難生活に入ってしまう、ということにもなりかねませんので、くれぐれも備えはしておくようにしてください。

五十嵐歯科医院ではこれまでに多くのオールオン4治療を行っておりますので、興味のある方はお気軽にご相談ください。

免疫力を上げるためには口腔ケアが必要です
ウイルス対策、滅菌体制に関して

当歯科医院は、患者様一人一人に対して、全ての器具を滅菌しています。手袋など、手用器具も、全て患者様ごとに廃棄しています。院内では、施術場所に、空気洗浄機が備えてあり室内空調を管理しています。インフルエンザウイルスの防備に最善を尽くしております。

また、体調管理の為、インプラント 抜歯時や、歯科治療時に、歯科麻酔医が、モニターで、血圧、心電図などを把握して、点滴を行い痛みの軽減、施術部位の腫れを必要最小限に抑える歯科医療を行なっております。

インスタグラム

歯科コラム

歯科コラム一覧
コラム
年末年始休暇のお知らせ
9月の休診日のお知らせ
8月の休診日のお知らせ
年末年始休診のご案内
8月休診日とお盆休みのご案内
お知らせ一覧