電話番号 0120-418-889
アクセス
資料請求
お問い合わせ
歯科コラム

オールオン4はなぜすぐに噛めるようになるの?

最少本数4本(片顎)のインプラントで全体的に噛めるようになるオールオン4。
この治療の大きな特徴として、「インプラントを埋めたあとすぐに噛むことができる」ということが挙げられます。ですが、少ない本数のインプラントでなぜそのようなことが可能なのか、不思議に思われる方もいるかもしれません。

そこで今回は、オールオン4がなぜすぐに噛めるようになるのか、その理由についてご紹介します。

通常のインプラントは噛めるまでに3〜6ヶ月

allon4_chewing_01

通常一般的に広く行われているインプラントの場合、インプラントを埋めこんでから骨と結合するまでは負荷をかけてはいけません。もちろん、それまでは噛むこともできません。

通常のインプラント治療の場合、骨とインプラントが結合するまで、一般的には3〜6ヶ月前後かかりますので、歯をほとんど失ってしまった方がオールオン4治療により、手術後すぐに噛めるというのは大変画期的なことだと言えるでしょう。

オールオン4がすぐに噛める理由

硬い部分に埋めることで、しっかりと固定される

通常のインプラント治療においては、元々歯があった場所あたりにインプラントを埋めますが、インプラントを骨に埋めたばかりの段階で負荷をかけると、インプラントが動き、骨としっかりと結合することができません。ですので、すぐに噛むということはできません。

一方、オールオン4では、骨の特に硬い部分を選んで埋めますので、埋め込み当初からしっかりとした固定がなされます。

傾斜角度とインプラントの長さに特徴がある

オールオン4は、インプラントを埋め込む角度にも特徴があります。通常のインプラントの場合、天然歯が埋まっているように垂直に埋め込みますが、オールオン4ではあえて傾斜をつけて埋め込むことで、後方のインプラントの頭をより奥に出すことができます。結果的に、前歯部分と奥歯部分を結んでできる面を広くすることができ、それが安定して噛めることにつながります。

また、長いインプラントを使用することで、インプラントと骨にかかる力を広範囲でバランスよく負担できるのも安定した固定に繋がります。

最初はやわらかいものから

allon4_chewing_02

「すぐに噛める」と言っても、それは、硬いものを最初からいきなり噛めるわけではありません。さすがに過度な力をかけてしまうと、それはインプラントがしっかりと固定されなくなる恐れがありますので、油断は禁物です。

具体的にはオールオン4を入れて最初の1〜2週間ほどはごくやわらかいものを召し上がっていただき、1ヶ月以上くらい経ってから徐々に普通のお食事にしていただく、という感じで考えていただくといいかもしれません。

実際は、個人個人によって骨の状態なども異なるため、あくまでもドクターの指示通りにお食事の内容を調整していくようにしましょう。

五十嵐歯科医院ではこれまでに多くのオールオン4治療を行っておりますので、興味のある方はお気軽にご相談ください。

免疫力を上げるためには口腔ケアが必要です
ウイルス対策、滅菌体制に関して

当歯科医院は、患者様一人一人に対して、全ての器具を滅菌しています。手袋など、手用器具も、全て患者様ごとに廃棄しています。院内では、施術場所に、空気洗浄機が備えてあり室内空調を管理しています。インフルエンザウイルスの防備に最善を尽くしております。

また、体調管理の為、インプラント 抜歯時や、歯科治療時に、歯科麻酔医が、モニターで、血圧、心電図などを把握して、点滴を行い痛みの軽減、施術部位の腫れを必要最小限に抑える歯科医療を行なっております。

インスタグラム

歯科コラム

歯科コラム一覧
コラム
年末年始休暇のお知らせ
9月の休診日のお知らせ
8月の休診日のお知らせ
年末年始休診のご案内
8月休診日とお盆休みのご案内
お知らせ一覧