電話番号 0120-418-889
アクセス
資料請求
お問い合わせ
歯科コラム

オールオン4の治療ステップはどんな感じ?

オールオン4は、歯を失ったあごの骨に対して、上下それぞれ4本〜6本のインプラントを埋め込み、そこに仮歯をたてて噛めるようにするインプラント治療法です。

この説明だけ聞くと、大掛かりな治療をイメージしてしまい、それだけで怖気付いてしまう、という人も多いのではないでしょうか。

ですが、実際には、治療のステップは前もって入念な計画、準備がなされた上でスムーズにとり行なわれます。

今回は、オールオン4治療の治療ステップについてご紹介していきます。

オールオン4手術の前準備

surgical_treatment_step_01

レントゲン撮影、CT撮影などの各種精密検査を元に治療計画の立案を行い、患者様の同意が得られたら、手術の準備に入っていきます。

手術を行う前に、手術後にすぐに入れるための仮歯の型取りなどをしておきます。

オールオン手術

1.麻酔

オールオン4のインプラントを埋め込む部分の歯茎に麻酔をします。この麻酔は、虫歯治療で歯を削る時や、抜歯の際に行うものと同じ局所麻酔です。

オールオン4の手術というと、たいそうなものに思われるかもしれませんが、この麻酔だけでも問題なく手術を行うことが可能です。

ですが、不安感や恐怖感の強い方、基礎疾患をお持ちの方などに対しては、不安な気持ちを和らげる効果のあるリラックス麻酔(静脈内鎮静法)を行うことも可能ですので、ご相談ください。

2.インプラントの埋め込み

麻酔が効いたのを確認して、インプラントの埋め込みを行います。抜歯が必要な歯が残っている場合、この際に抜歯も行います。もちろん、麻酔がきちんと効いている状態で行い、痛みを感じることはほとんどありませんのでご安心ください。

3.縫合

切り開いた歯茎を、きれいに縫い合わせます。この際も、麻酔はまだじっくりと効いていますので、痛みを感じることはありません。
手術後には、麻酔が切れると痛みが出てきますが、痛みが出る前に痛み止めを服用していただくことで、通常は痛みのコントロールが可能です。

仮歯装着

手術が終わった後は、早ければその日のうちに全体に及ぶきれいな仮歯を入れることも可能です。
やわらかいものであれば、その日のうちからお食事を摂っていただくことも可能です。

最終的な装置の装着

オールオン4の手術後、約半年後に、仮歯から最終的な装置への交換を行い、治療は完了です。
以上、ざっくりとオールオン4の治療の流れをご紹介しました。このように、オールオン4の治療過程は、計画立ててスムーズに行なわれます。

五十嵐歯科医院ではこれまでに多くのオールオン4治療を行っておりますので、興味のある方はお気軽にご相談ください。

免疫力を上げるためには口腔ケアが必要です
ウイルス対策、滅菌体制に関して

当歯科医院は、患者様一人一人に対して、全ての器具を滅菌しています。手袋など、手用器具も、全て患者様ごとに廃棄しています。院内では、施術場所に、空気洗浄機が備えてあり室内空調を管理しています。インフルエンザウイルスの防備に最善を尽くしております。

また、体調管理の為、インプラント 抜歯時や、歯科治療時に、歯科麻酔医が、モニターで、血圧、心電図などを把握して、点滴を行い痛みの軽減、施術部位の腫れを必要最小限に抑える歯科医療を行なっております。

インスタグラム

歯科コラム

歯科コラム一覧
コラム
年末年始休暇のお知らせ
9月の休診日のお知らせ
8月の休診日のお知らせ
年末年始休診のご案内
8月休診日とお盆休みのご案内
お知らせ一覧