オールオン4の構造の仕組みは?なぜ歯茎がついている?

すべての歯を失った場合には、オールオン4と呼ばれるインプラント治療を適用することが可能です。様々な点で優れた性能を持つオールオン4ですが、実際、どのような治療法なのかはあまり詳しく知らない方が多いかと思います。とくに、オールオン4の構造については、なかなかイメージしにくいところです。ここではそんなインプラント治療の一種であるオールオン4の特徴や構造について詳しく解説します。

4つのインプラントを埋め込む

4つのインプラントを埋め込む

まず、オールオン4の治療法についてですが、最も重要となる点はインプラントです。基本的なインプラント治療では、1本のインプラント体(人工歯根)を顎の骨に埋め込んで、アバットメントと呼ばれるパーツを装着し、人工歯である上部構造を設置します。一方、オールオン4ではその名の通り4本のインプラントを顎の骨に埋め込みます。そして、上部構造は4本の人工歯ではなく、1つの入れ歯のような補綴物を装着します。ですから、4本のインプラント体によって、入れ歯全体を支えるような形になるのがオールオン4の大きな特徴といえます。

上部構造には歯茎がついている

オールオン4の上部構造には、一般的なインプラント治療と異なり、人工歯だけでなく歯茎もついています。ですから、見た目はいわゆる「総入れ歯」に近い形になっています。通常、オールオン4の上部構造には、12本の人工歯が設置されており、その周りにはピンク色の歯茎に似せた構造が付与されているのです。ただ、総入れ歯と違うのは、「義歯床(ぎししょう)」と呼ばれる口腔粘膜への設置部分が存在しないため、非常に小さくシンプルな形態となっている点です。

ちなみに、オールオン4の上部構造に歯茎がついている理由は、適用される症例が無歯顎(むしがく)だからです。総入れ歯と同様、歯が1本もない患者さんへ適用されるのがオールオン4ですので、そのまま人工歯のみを上部構造として設置すると、審美性や機能性が害されてしまいます。また、何より上部構造の人工歯を一体化させることがオールオン4による治療で必須であるため、歯茎の部分ですべての人工歯を連結させることは自ずと必要になってくることと考えられます。

インプラント体とネジで固定する

オールオン4の上部構造は、顎の骨に埋入されているインプラント体とスクリュー(ネジ)固定されます。オールオン4で使用するネジは、家具や家電などに使われているものとほぼ同じような形をしており、ドライバーで回転させることで固定できます。ですから、何か不具合が生じた際には取り外すことも可能といえます。ちなみに、一般的なインプラント治療では、スクリュー固定とセメント固定の2種類があり、セメント固定の場合は、取り外しができません。

ただし、取り外しができるといっても、患者さん自身で自由に操作できるわけではない点に注意しましょう。取り外せるのはあくまで歯科医師です。例えば、上部構造の人工歯が破折したり、歯茎の部分に不具合が生じたりした場合は、歯科医院で歯医者が上部構造を取り外し、修理を行うことで不具合を調整できます。また、インプラントのメンテナンス時にも取り外すことで、オールオン4の上部構造やアバットメント、インプラント体などのパーツを洗浄、点検することが可能となります。これは、インプラントを長持ちさせる上で非常に大きな利点といえます。

総入れ歯との大きな違いは?

総入れ歯との大きな違いは?

オールオン4の上部構造は、歯茎の部分も付与されており、一見すると総入れ歯と見間違えるくらい似ています。けれども、補綴物の構造としてはオールオン4と総入れ歯は全く異なります。なぜなら、オールオン4には、顎の骨にしっかりと埋まった人工歯根があるからです。私たちが普段、何気なく物を噛み、言葉を発することができているのは、しっかりとした歯根を持った歯があるからです。総入れ歯にはそれがないため、食事の際にはものを噛みにくいですし、言葉も上手くしゃべれないこともあります。一方、人工歯根であるインプラント体というパーツがあるオールオン4は、しっかりと物を噛むことができ、発音障害を引き起こすことも少ないのです。ですから、人工歯と歯茎というパーツによって構成されている2つの補綴装置ですが、その機能性には非常に大きな違いがあることを知っておいてください。

まとめ

このようにオールオン4は、4つのインプラント体と歯茎がついた上部構造によって構成されています。歯茎がついていることもあって、見た目としては総入れ歯に近いですが、人工歯根があることで機能性に大きな違いがあらわれてきます。また、審美性についても、装着したらわかるのですがオールオン4の方が優れているといえます。装着後の違和感が少なく、よく噛めるようになるオールオン4は、それだけ優れた治療法といえます。さらに、ネジによって固定されるため、歯科医院で定期的に取り外して点検、洗浄することが可能です。そうしたメンテナンスを継続させれば、一生涯、使い続けることも不可能ではありません。