インプラント治療ではセカンドオピニオンを受けることも大事!

皆さんは、歯科治療を受ける際に、どういう基準で歯科医院や歯医者を選んでいますでしょうか。自宅から通いやすかったり、昔から通院している顔馴染みの歯科医院だったりと、選ぶ基準はさまざまかと思います。それが虫歯治療のような一般的な診療内容であれば、それほど大きな問題はないのですが、インプラント治療となると話は変わります。専門性が高い治療だけに、診断力や技術力も歯科医院によって大きく異なるからです。そこでおすすめなのは、複数の歯医者にセカンドオピニオンを求めることです。

セカンドオピニオンってなに?

セカンドオピニオンってなに?

セカンドオピニオンとは、医科や歯科の治療で求めることができる「第二の意見」です。例えば、始めに受診した歯科医院でインプラントのカウンセリングおよび診断を行ってもらい、何らかの不安を覚えた場合は、そのまま治療を開始するわけにはいきませんよね。なぜなら、インプラント治療というのは、とても高額な費用がかかる歯科治療ですし、インプラントオペと呼ばれる外科処置を伴いますので、できれば万全を期して受けたいものです。

つまり、別の歯科医院を受診することで、最初に受けた診断が正しいのかどうかを確かめるための方法といえます。この時、最初に診断を受けた歯科医院と同じ結果が生じれば、安心してインプラント治療に踏み込めますよね。もしも異なる診断が下された場合は、そこからまた、いろいろ考えなければならないこととなります。

インプラントでセカンドオピニオンが必要となる理由

インプラント治療は、歯科治療の中でもかなり高度な技術を要します。それは、インプラント治療を施せるかどうかを判断する、歯科医師の診断力も強く影響します。そのため、歯科用CTを使用せずに、インプラント治療のゴーサインを出す歯科医師というのは、非常に熟練した技術や知識を持ち合わせているか、診察が精密でないか、いずれかの可能性があります。そういった場合は、迷わずセカンドオピニオンを他の歯科医に求めましょう。

また、治療内容や保証内容なども、一般的な歯科治療より複雑となっていますので、それが本当に適切かどうかは判断しにくいこともあります。そういった場合も、別の歯科医師にセカンドオピニオンを求めることで、何が最良なのかがはっきりしてくることでしょう。

セカンドオピニオンを求める前に準備すること

インプラント治療に関してセカンドオピニオンを求める場合、主治医の診断に対する疑問点や不安な点を明確化しておくことが大切です。「何となく不安だから」という状態で、他の歯科医院を受診しても、また同じような疑問点や不安が生じてしまうことがあります。わざわざ時間とお金をかけてセカンドオピニオンを受けるのですから、漫然と受診するのはもったいないでしょう。また、セカンドオピニオンを提供する歯科医師も戸惑ってしまうこともありますので、事前の準備はしっかり行っておきましょう。

セカンドオピニオンのメリットとは

セカンドオピニオンのメリットとは

セカンドオピニオンを受けることは、手間がかかりますし、面倒だと感じる方もいらっしゃることでしょう。けれども、別の歯医者の意見を得ることで、主治医の診断が妥当であることを確認することができ、心おきなく治療を任せられます。あるいは、主治医とはまた別の治療法を提案してくれることもありますので、セカンドオピニオンを求めることは、非常に有意義であるといえます。とはいえ、何よりのメリットはインプラント治療における誤診を防ぐことに役立つという点です。

主治医には伝えた方がいい?

インプラント治療でセカンドオピニオンを求める際、主治医にその旨を伝えるかどうか迷ってしまいますよね。なぜなら、その他の歯科医院の歯医者に意見を求めるということは、主治医の下した診断に、不安を感じていることを意味するからです。それを主治医に伝えることには抵抗があります。

けれども、その点はご安心ください。歯科医師も医療従事者のひとりですので、セカンドオピニオンの重要性はしっかりと理解しています。セカンドオピニオンを求めたいという患者さんの希望に対して、拒否反応を示す歯科医師はまずいません。何より、主治医に話すことで、診断に用いたレントゲン写真や紹介状を提供してもらえるため、セカンドオピニオンをスムーズに進めることにもつながります。こういったプロセスは医科や歯科では当たり前となっています。とりわけインプラント治療に関しては、よくある事です。

まとめ

このように、インプラント治療では、セカンドオピニオンが非常に重要となってきます。主治医の診断や治療方針に不安や疑問を感じたら、別の歯科医師に意見を求めることは何ら悪いことではありません。その結果、主治医の診断の妥当性が証明されれば、心置きなくインプラント治療を開始できるのです。インプラント治療のような外科処置を伴う歯科治療に関しては、きちんと納得した上で治療をスタートさせることが何より大切です。