インプラントのケアにはどんな歯ブラシがおすすめ?

インプラント治療が終わった後は、患者さんご自身でインプラントのケアを行うこととなります。その際、使用する歯ブラシに関しては、どんなものが良いのか、迷っている方も多いことでしょう。ここではそんなインプラントのケアに活用するおすすめの歯ブラシに関して詳しく解説します。

インプラントは天然歯より汚れがつきやすい

インプラントは天然歯より汚れがつきやすい

インプラントのケアを行うにあたって、インプラントの性質について理解しておきましょう。インプラント治療後には「インプラント周囲炎」という病気のリスクが上昇します。これは、インプラントが天然の歯よりも汚れやすい傾向にあるからです。

もちろん、人工歯の部分である上部構造は、セラミックで作られていることがほとんどですので、着色することはまずありません。また、非常に硬い素材であることから、擦り減ることも少ないです。けれども、プラークや歯石は天然歯より付着しやすいため、オーラルケアが不十分だと歯周病を引き起してしまうのです。それが「インプラント周囲炎」です。ですから、インプラントを埋入した後は、天然の歯よりも丁寧にケアをしなければならないといえます。

電動歯ブラシについて

電動歯ブラシは、文字通り電気で動く歯ブラシで、一般的な歯ブラシよりも効率的に歯面の汚れを落とすことができます。歯ブラシの回転や振動は一定に制御されていますので、操作法を誤らなければ、歯に過大なブラッシング圧がかかることもありません。

ただ、電動歯ブラシで歯列全体をきれいに磨こうとすると、それなりのコツが必要となります。また、扱い方を間違えると、歯に傷をつけたり、歯茎を傷めたりすることがありますので要注意です。ですから、電動歯ブラシでインプラントをケアする場合は、事前に歯医者で指導を受けることをおすすめします。上手く使いこなすことができれば、汚れがつきやすいインプラントに対しても有効といえます。

音波歯ブラシについて

音波歯ブラシも電動歯ブラシの一種ですが、歯の汚れを音波によって除去するという特徴があります。多くの歯科医師が推奨しているような製品もいくつかあり、その性能は保証されています。ちなみに音波歯ブラシでは、単に歯の表面の汚れをゴシゴシと落とすのではなく、音波による振動で除去していきます。そのため、実際に歯面に触れずとも、食べかすやプラークなどを除去することができるのです。具体的には、音波歯ブラシの毛先から2~3mm先の汚れまで振動で落とすことが可能です。そんな音波歯ブラシも、やはり使い方にコツがいりますので、慣れるまで練習が必要になります。とはいえ、一般的な電動歯ブラシよりも扱いやすく、歯や歯周組織を傷つけるリスクも少ないため、インプラントのケアには、大変おすすめな歯ブラシといえます。

超音波歯ブラシについて

超音波歯ブラシについて

超音波歯ブラシは、耳では聞き取ることのできない「超音波」によって歯の汚れを落とす装置です。歯の表面のプラークなどを振動で砕き、効果的に清掃することが可能です。操作方法は、基本的に音波歯ブラシと同じですが、超音波による振動で、清掃効果がさらに高まった歯ブラシとお考えください。ですから、インプラントのケアにもおすすめといえます。さらに、超音波歯ブラシであれば、歯周ポケット内に生息している細菌にたいしても、その活動を抑える作用が期待できますので、インプラント周囲炎を予防する上でも有用といえるでしょう。ただ、電動歯ブラシや音波歯ブラシと比較すると、価格が高いという欠点はあります。

インプラントには音波・超音波歯ブラシがおすすめ

一般的な電動歯ブラシは、操作が難しい点と扱い方によっては天然歯やインプラントを傷つけるおそれもありますので、そこでまでおすすめすることはできません。普通の歯ブラシでは、どうしても磨き残しが発生してしまうという人には、電動歯ブラシが大きな力を発揮してくれることもあります。

一方、音波歯ブラシや超音波歯ブラシは、比較的操作法がやさしく、歯や歯茎、インプラントを傷つけるおそれも少ないため、インプラントのケアにはおすすめといえます。また、歯周病に対する予防効果も高いため、インプラント歯周炎を予防することで、結果的にインプラントの寿命を延ばすことにもつながります。

まとめ

このように、インプラントのケアには、通常の歯ブラシ以外にもいろいろな選択肢が挙げられますが、是非ともおすすめしたいのは音波歯ブラシや超音波歯ブラシです。扱いやすく、歯や口腔粘膜を傷つけるおそれも少ない、そして歯種病菌の活動も抑える効果が期待できるだけに、インプラント治療後には使用を推奨する歯医者も少なくありません。そうした歯ブラシを活用しつつ、歯科医院でのメンテナンスを継続的に受けていくことで、インプラントを長持ちさせることが可能となります。何より大切なのは、適切な道具を用いて、常にインプラントを清潔に保つことです。それが達成されるのであれば、それぞれが使いやすい道具を選んでも良いかと思います。