インプラントの仮歯の役割は?仮歯のままの治療中断は危険!

インプラントでは、治療の過程で仮歯を装着する期間があります。仮歯も一般的なクラウンと同じような色や形をしているため、一見すると最終的な補綴物のように見えますが、あくまで仮の歯でしかありません。そんな仮歯のまま治療を中断すると、非常に危険な状態に陥ることがありますので要注意です。ここではそんなインプラント治療における仮歯の役割と、治療を中断した場合のリスクについて詳しく解説します。

インプラントの治療の流れ

インプラントの治療の流れ

インプラント治療では、人工歯根であるチタン製のインプラント体を顎の骨に埋め込みます。いわゆるインプラント埋入手術と呼ばれる処置で、治療過程の中でかなり重要なプロセスといえるでしょう。顎の骨に人工歯根を埋め込むことができても、すぐには上部構造である人工歯を装着することができません。なぜなら、インプラント体が顎の骨としっかり結合しなければ、いつまで経っても不安定な状態であるからです。その期間は2~6ヵ月ほどで、症例によって大きく異なります。この期間に、インプラントにおける仮歯が必要となるのです。

インプラントの仮歯の役割

インプラント治療における仮歯には、いくつかの役割があります。まず、口元の審美性を保つ上で仮歯は有用です。インプラントオペを行った直後は、インプラント体を埋め込んだ傷口だけが残り、歯はない状態ですので、当然のことながら見た目が悪くなります。そうした歯の欠損部分を補う役割を果たすのがインプラントの仮歯となります。

次に、インプラントの仮歯は、両隣の歯が動くのを防ぐ役割も果たします。私たちの歯は、隙間があるとそれを埋めようとする傾向があり、インプラントオペ後の隙間も両隣の天然歯によって塞がれることが考えられます。そこで仮歯を装着しておくことで、のちのち装着する最終補綴物のスペースを確保しておく役割を果たします。

そして、仮歯を装着することで、歯列の中に欠損が生じることがなくなるため、かみ合わせや顎の働きを安定させることにもつながります。これは「かむ」という機能を維持する上で非常に重要といえます。さらに、最終的な補綴物の形態に近い人工歯である仮歯を装着しておくと、歯茎の形を適切な状態で維持することにも寄与します。

仮歯のまま治療を中断することの危険性

仮歯のまま治療を中断することの危険性

仮歯は一見すると、最終補綴物であるセラミッククラウンと同じように見えます。優れた歯医者は、インプラントの仮歯も精巧に作るため、一般の患者さんからしたら見分けがつかないかもしれません。それだけに、仮歯の状態で満足してしまい、それ以降、治療を継続しない方も中にはいらっしゃいますが、非常に危険な行為であることを知っておきましょう。

まず、仮歯のまま治療を中断して生活を送っていくと、段々と仮歯が摩耗していきます。仮歯には、セラミックのような素材は使われておらず、多くの場合、摩耗しやすいレジンを活用しています。これはレジンが安価であるという理由からだけでなく、ある程度調整が効く素材の方が、仮歯としての役割を果たしやすいためです。ですから、仮歯のまま生活を送っていくと、徐々に摩耗してかみ合わせが変わるだけでなく、見た目も悪くなっていきます。場合によっては、変色もしますので要注意です。

さらに大きなリスクとしては、摩耗あるいは変形してしまった仮歯を装着し続けることで、インプラント体に強い負担が加わるようになり、インプラント体の脱落を引き起こすことさえあり得るという点です。高額な費用と手間暇をかけて埋入したインプラント体が、仮歯を使い続けることで抜け落ちてしまうのは、あまりにも惜しいことです。また、適合の悪い仮歯を装着していると、顎の骨や歯茎の吸収が起こることがありますので、こちらも要注意です。歯周組織が吸収してしまったら、そもそもインプラント治療が失敗に終わることとなります。

仮歯に異常が生じたらすぐに歯科を受診

仮歯は、ある意味もろい素材で作られた歯ですので、長く使うといろいろなトラブルが生じます。ですから、何らかの異常を感じたら、すぐに担当の歯科医に相談しましょう。トラブルが発生した際に歯科を受診すれば、仮歯を作り替えるなり、適切な処置を歯医者が施してくれます。何よりも良くないのは、仮歯のまま放置することです。その期間が長ければ長いほど、顎の骨が吸収したり、かみ合わせが悪くなったりします。

まとめ

このように、仮歯には非常に重要な役割がありますので、その意味を理解しつつ、インプラント治療を継続していきましょう。もしも仮歯のまま治療を中断してしまうと、数ヵ月にもおよぶインプラント治療そのものが台無しになってしまうことも十分あり得ますので要注意です。とにかく大切なのは、歯医者の指示を守り、仮歯の期間中も適宜歯科医院を受診することです。インプラント治療を行っている歯科医院であれば、治療に伴うトラブルへの対応も慣れていますので、安心してお口の健康を預けることができます。