電話番号 0120-418-889
アクセス
資料請求
お問い合わせ
歯科コラム

嘔吐反射が強い人にオールオン4が向いている理由

喉の方にものが入るとオエッとなってしまう反応を「嘔吐反射」と呼びますが、この嘔吐反射には個人差があります。

嘔吐反射は、異物が食道の方に行かないようにするための体の大事な反応ですが、ときにその反応が強すぎて、歯ブラシで奥歯を磨くときにオエッとなってしまう、歯医者の治療の時に少し器具が入るだけでも吐き気を感じて辛い、という人もいます。

そのような方にとって、入れ歯、特に総入れ歯を入れることはとても辛い選択になってしまうことがあります。

オールオン4は、歯が全くない方に対応した治療法ですが、嘔吐反射が強い方にもとても向いている治療法です。

オールオン4が嘔吐反射の強い方に向いている理由

allon4_vomiting_reflex_01

総入れ歯もオールオン4も、歯を全て失った人に対応している治療法ですが、両者における大きな違いとして、どのように人工歯をその場所に維持するか、という違いがあります。

総入れ歯の場合、支えるための歯がありませんので、歯茎・粘膜との「吸着」というものが重要になってきます。そのため、歯茎・粘膜を覆う床(しょう:入れ歯の歯茎の部分)の面積を広く取る必要があり、特に吐き気を催しやすい上あごの天井の部分を大きく覆わなければならないため、嘔吐反射の強い人では非常に吐き気を催しやすくなります。

一方、オールオン4の場合、人工歯を支えるのは、あごの骨に埋め込まれたインプラントですので、歯茎や粘膜部分に支えを求める必要がありません。そのため、歯茎の部分は失われた部分の歯茎を補う程度で、吐き気を感じる部分は覆いませんので、気持ち悪くなることなく、いつも快適にお使いいただくことができます。

治療中にも吐き気が出にくいように対処します

allon4_vomiting_reflex_02

嘔吐反射の強い方は、歯医者で口を開けるのも大変だと思います。

当院では、嘔吐反射が強い方に対しては特に、治療中に嘔吐反射を起こさないよう、診療時の体勢に注意したり、処置の内容によっては必要に応じて表面の感覚を麻痺させる表面麻酔を使用したり、手術の際には点滴の鎮静法を行ったりなど、最大限の対処をいたしますので、嘔吐反射が強い方もお気軽にご相談ください。

オールオン4は、今回ご紹介したように、吐き気の強い方でも快適に使っていただける画期的な治療法ですが、それ以外にも、しっかり固定されたインプラントによってどんなものでも不自由なく食べられる、均整の取れた美しく若々しい見た目にできる、口腔機能を改善して健康的な生活を送れるようになるなど、多くのメリットがあります。

歯を全て失った方、総入れ歯でお困りの方、全体的に歯がぼろぼろでお困りの方はぜひ一度五十嵐歯科医院までご相談ください。

免疫力を上げるためには口腔ケアが必要です
ウイルス対策、滅菌体制に関して

当歯科医院は、患者様一人一人に対して、全ての器具を滅菌しています。手袋など、手用器具も、全て患者様ごとに廃棄しています。院内では、施術場所に、空気洗浄機が備えてあり室内空調を管理しています。インフルエンザウイルスの防備に最善を尽くしております。

また、体調管理の為、インプラント 抜歯時や、歯科治療時に、歯科麻酔医が、モニターで、血圧、心電図などを把握して、点滴を行い痛みの軽減、施術部位の腫れを必要最小限に抑える歯科医療を行なっております。

インスタグラム

歯科コラム

歯科コラム一覧
コラム
年末年始休暇のお知らせ
9月の休診日のお知らせ
8月の休診日のお知らせ
年末年始休診のご案内
8月休診日とお盆休みのご案内
お知らせ一覧