電話番号 0120-418-889
アクセス
資料請求
お問い合わせ
歯科コラム

オールオン4の費用

ほとんど、もしくは全く歯がない場合、インプラント治療を選択すると、通常だとかなりの費用がかかってしまいます。

それに加え、歯がなくなった場所というのは、骨が痩せてしまっていて十分に骨がないことが多く、骨を作る手術も必要になり、さらに費用の負担が増えてしまうことになります。

ところが、オールオン4という新しい治療法なら、通常の方法だと片顎10本〜12本のインプラントを埋めるところを、最少本数4本のインプラントで全体的に歯を回復することができ、それに加えて、骨を増やす治療も不要になることが多いため、治療費用をかなり抑えることができます。

従来のインプラント治療とオールオン4の費用の比較

全体的に歯を失った状態にインプラントを行う場合、従来のインプラント治療で行うケースと、オールオン4を使用したインプラントで行うケースの費用面での比較をしてみましょう。

※ここで表示している金額はあくまでも目安です。患者様のお口の状態などによっても費用は変わってきますので、詳しい金額についてはお問い合わせください。

従来のインプラント

all_on_4_cost_01

従来のインプラント方法で全体的にインプラントによる治療を行なった場合、1本50万円として、上顎もしくは下顎のいずれかに12本埋め込むと、600万円、両顎では1200万円かかってしまいます。

また、これに加えて、インプラントを行う際に、骨が足りない部分には骨を増やす手術が必要となるため、それにかかる費用も数十万円以上かかってしまう、ということも多くあります。

オールオン4を使用したインプラント

オールオン4を使ったインプラント治療の場合、片顎4~6本のインプラントで全ての歯を支えることができます。

例えば、当院の場合だと、4本インプラントで12本の歯を支える場合、片顎253万円(硬質レジン歯を使用した場合)となり、両顎で506万円、歯1本あたりの金額は約21万円となり、かなり費用が抑えられます。

オールオン4は、骨のある部分を選んで行いますので、骨を増やす手術も不要になることがほとんどで、それにかかる費用ももちろん不要となり、費用がかさみません。

オールオン4が少ないインプラントで歯を支えられる理由

オールオン4はなぜ通常のインプラントと違って、少ない本数のインプラントで全ての歯を支えられるのか?
その理由は、通常よりも長いインプラントを骨が比較的残っている部分に入れてしっかりと固定されるから、ということが挙げられます。

埋め込むインプラント本数が少ないということは、費用の面でも大きなメリットですが、手術する部位が少ないため、お体への負担が少ないのも嬉しいところです。

また、インプラントを埋めた直後からしっかりと固定されるので、すぐに固定式の仮歯を入れられ、見た目・機能の回復ができるのも大きなメリットです。

オールオン4は、症例数が多い当院までお気軽にご相談ください

all_on_4_cost_02

オールオン4を使ったインプラント治療は、インプラント本数を少なく抑えられること、治療回数が少ないことにより、従来のインプラント治療法よりもかなり費用を安く抑えることが可能です。

当院では、インプラント治療を始め、オールオン4治療を専門的に行なっており、令和4年9月までの段階でオールオン4症例は1000症例を超えています。

五十嵐歯科医院ではオールオン4に特化した治療を行っています。インプラント治療の専門医が患者様に合わせた治療を行います。インプラントやオールオン4のご相談なら五十嵐歯科医院へ。

ご興味のある方は、一度当院までお気軽にご相談ください。

免疫力を上げるためには口腔ケアが必要です
ウイルス対策、滅菌体制に関して

当歯科医院は、患者様一人一人に対して、全ての器具を滅菌しています。手袋など、手用器具も、全て患者様ごとに廃棄しています。院内では、施術場所に、空気洗浄機が備えてあり室内空調を管理しています。インフルエンザウイルスの防備に最善を尽くしております。

また、体調管理の為、インプラント 抜歯時や、歯科治療時に、歯科麻酔医が、モニターで、血圧、心電図などを把握して、点滴を行い痛みの軽減、施術部位の腫れを必要最小限に抑える歯科医療を行なっております。

インスタグラム

歯科コラム

歯科コラム一覧
コラム
年末年始休暇のお知らせ
9月の休診日のお知らせ
8月の休診日のお知らせ
年末年始休診のご案内
8月休診日とお盆休みのご案内
お知らせ一覧