歯を抜けたまま放置すると危険!インプラント治療で解決を

虫歯や歯周病が悪化してしまうと、最終的には歯が抜け落ちることとなります。歯が抜けたあとは、痛みなどの症状が現れないため、放置する人もめずらしくありません。しかし、この状態で放置しておくと、実はいろいろなリスクがあるのをご存知でしょうか。ここでは抜けた歯を放置することのリスクについて説明するとともに、インプラントで治療することのメリットを詳しく解説します。

抜けた歯の両隣の歯が倒れ込んでくる

歯周病などが原因で歯が抜けると、歯列の中に空間が生じてしまいます。私たちの歯は、そうした空間が生じると、他の歯によって徐々に埋めていく性質があります。例えば、抜けた歯の両隣の歯は、その空間を埋めるような形で倒れこんだり、移動したりしてきます。その結果、歯列の空間が埋まるのであれば問題なさそうですが、実際はそうではありません。歯並びが変化するということは、上下の歯の噛み合わせ自体が変わることも意味しています。そのため、いくつかのトラブルが生じてくるのです。

噛み合わせが変わることによるトラブル

顎関節症の女性

歯が抜けることにより、噛み合わせの変化が生じるわけですが、この噛み合わせの変化により、上下の歯で効率よくものを噛めなくなります。どこかの歯に噛む力が集中し、歯が欠けてしまうこともあります。あるいは、どこか一部の歯周組織に大きな負担がかかってしまい、歯茎に炎症を引き起こすこともあるのです。さらに、ものを噛むという運動を支えている顎関節にも過剰な負担がかかるようになります。その結果、生じるのが顎関節症でしょう。このように、たった1本の歯が抜けた場合でも、歯並び全体に異常をきたし、噛み合わせを変化させ、お口の中にいろいろなトラブルを生じてしまうことがあるのです。

顎の骨が痩せていく

抜けた歯を放置しておくと、歯が無くなった部分の骨が痩せていきます。これは歯がなくなったことで、顎に対する刺激も消えてしまうために起こります。私たちの骨というのは、適度な刺激が加わっていなければ、徐々に痩せていってしまうものなのです。高齢の方であまり外出されない場合は、足の骨や筋肉が衰えて、骨折しやすくなりますよね。顎の骨も同様で、噛むという運動に関わっていなければ、どんどん痩せていってしまいます。それは噛む運動を担っている咀嚼筋にも同じことがいえます。たった1本の歯を失った場合でも、咀嚼能率は落ちてしまいますし、自ずと咀嚼筋の働きも少なくなっていってしまうのです。それが1本だけでなく、2本、3本と歯が失われていくと、悪影響はさらに強まります。

インプラント治療なら適用範囲が広い

インプラント治療イメージ

上述した通り、抜けた歯を放置することのデメリットはあまりにも大きいといえます。そこでおすすめなのがインプラント治療です。インプラント治療であれば、歯が1本抜けた症例でも、すべての歯が抜けた症例でも、いずれも適用することができます。つまり、適用範囲が非常に広い補綴治療なのです。よほど大きな問題がない限り、歯が抜けた症例ではインプラント治療の適用を考えることができます。

自然な形で抜けた歯の治療が行える

インプラント治療は、人工歯根を顎の骨に埋め込む治療法です。歯が1本抜けた症例では、そこに1本の人工歯根を埋め込んで上部構造を設置します。その結果、歯列に調和する形で、抜けた歯の治療を行うことができるのです。上部構造に使われる人工歯の素材はセラミックであるため、色や質感なども天然の歯に酷似しています。

噛み心地が天然の歯に近い

噛み心地が天然の歯に近いので食事を楽しむ女性

インプラントは、他の治療にはない人工歯根というパーツが存在しています。これが顎の骨にしっかりと埋め込まれることで、天然歯に限りなく近い噛み心地を回復させることができるのです。また、しっかり噛むことができるため、顎の骨が痩せ細ったり、咀嚼筋が衰えたりすることもありません。当然、抜けた歯によって生じた隙間もふさぐことができますので、両隣の歯が倒れ込んできたり、噛み合わせが変化したりすることも起こらなくなるのです。つまり、インプラントを1本埋入するだけで、抜けた歯を放置することによるリスクをすべて解消できるのです。これがもし、入れ歯やブリッジによる治療となると、話は変わってきます。なぜなら、入れ歯やブリッジには人工歯根が存在していないからです。この点は非常に大きい違いといえます。

まとめ

このように、歯周病などで歯が抜けたまま放置すると、歯の移動や噛み合わせの変化、顎や咀嚼筋の衰えなどが起こりますので、可能な限り早い段階で治療を受けることが大切です。とくに、インプラント治療であれば、歯を抜けたままにした際のリスクをことごとく解消することができますので、歯医者の多くがすすめていることでしょう。虫歯や歯周病などで歯が抜けた方は、まず歯科医院を受診して、どんな補綴治療がベストなのかを相談してみてはいかがでしょうか。