インプラントをためらって歯を抜けたままにするのはデメリットしかない!

歯が抜けたままで放置していませんか?
抜けた歯が奥歯であった場合、会話をする、笑うなどしても、あまり目立つわけではありませんよね。
抜けた歯が1本だけだった場合も、食べ物を噛むときにそんなに不自由しないように感じます。
しかし、歯が抜けたままで、放っておいてもいいのでしょうか?
今回は、歯が抜けたままだとどんな問題が起こるのか、インプラントにしたら何がいいのか、詳しく紹介いたします。

歯を抜けたままにしてたらどうなるの?

歯を抜けたままにしてたらどうなるの?

私たちの歯は、噛み合わせることで全体の歯並びのバランスをとっています。歯が1本抜けただけでも、お口の中では大問題が起こります。なぜなら、噛み合わせが変わってしまうからです。

■歯が伸びる

例えば、下の歯が1本抜けたとします。そうすると、その歯と噛み合っていた上の歯が、噛み合わさる歯が無くなったことで伸びてくるのです。このように歯が伸びてくることを「挺出(ていしゅつ)」と言います。挺出は、髪の毛のように伸びるのとは異なり、歯が歯ぐきから出てきてしまうことです。そのまま放置し続けると、歯が浮いたようになり、弱ってしまうことになるのです。最後には、歯が抜け落ちてしまうことにもなりかねません。

■両隣の歯が動く

歯が抜けると、その歯の両隣にあった歯にとっては、支えを失うことになります。歯は1本1本が自立して生えているように見えますが、歯並び全体で支え合っているのです。歯が抜けたため隙間があくので、抜けた歯があった方向に徐々に傾いていく、ねじれることになります。そうすると、歯と歯の間にできる隙間が大きくなります。歯に物が挟まりやすくなり、歯垢(プラーク)が溜まりやすくなってしまうのです。きちんと歯磨きをしていかないと、虫歯や歯周病の原因となってしまう可能性もあるため、注意しなければなりません。

■顎に障害がでる

歯が1本抜けただけでも、全体の噛み合わせが変わっていきます。噛み合わせのバランスを失うことになるからです。私たちが食べ物を食べる時には、無意識に食べやすい歯で食べてしまいます。歯が抜けていると噛みにくいので、反対の歯ばかりで食べてしまう傾向にあります。片方の歯ばかりで食べていると片方の顎ばかりを使っており、顎に負担がかかってしまうのです。
そうすると顎関節症になる、顎の関節が痛む、肩こりになることもあるのです。

■老けた印象になる

歯が抜けたまま放置して時間が経つと、歯茎がどんどん痩せていきます。今まで噛み合わせることで毎日鍛えられていた顎も衰えていくのです。
そうすると頬がこけていき、顎の肉がたるみ、一気に老けた顔の印象になってしまいます。

■消化しにくくなる

歯が抜けたままにしておくと、今までのようにしっかりと咀嚼ができなくなります。咀嚼ができないことで、唾液の分泌も少なくなります。そうすると、消化する時に、消化器官に負担がかかることになり、消化吸収がしにくくなるのです。

■発音が変わる

言葉の発音には、歯も影響しています。特に前歯が抜けると、抜けた歯の隙間から息がもれてしまいますよね。それによって「サ行」や「タ行」がうまく発音できなくなってしまうのです。

なんでインプラントがいいの?

歯が抜けると色々な問題が出ててきます。できるだけ早い段階で、歯並びのバランスを崩さないように手を打つ必要があります。
インプラントをすすめるのは、顎の骨に直接人工歯根を埋め込むんで義歯をつけるため、自分の歯のように強い力で噛めるからです。
なぜならば、インプラントにはしっかりした根っこができるからなのです。
せんべいやスルメやたくあんなどの硬い物でも、思いっきり噛みしめることができます。
強い力で噛めるので、顎の骨も鍛えられるので、衰えません。
抜けた歯を補うには、ブリッジや入れ歯という方法もあります。
しかし、ブリッジにすると、抜けた歯の両隣の歯を削り、つなぐ必要があります。両隣の健康な歯を傷つけることになってしまうのです。それに、一番奥の歯が抜けてしまうと、ブリッジをしたくても、支える歯が片側にしかないので取り付けられません。
また、入れ歯にすると異物感があり、きちんとケアしないと臭いも気になりますよね。食後には入れ歯を外して洗う手間もかかります。このような心配が要らないのが、インプラントなのです。
このようにメリットがたくさんあるインプラントですが、重度の全身疾患がある場合や、妊娠している場合、顎の骨が一定の基準に達していない場合はインプラントに不適応なこともあります。
そのため、一度歯医者で相談することをおすすめします。

インプラントの構造はどうなっているの?

インプラントの構造はどうなっているの?

インプラントは、チタンでできた人工歯根を顎の骨に埋め込む方法です。顎の骨とチタンの人工歯根は一体化していきます。ですので、グラグラすることなく、自分の歯と同じようにしっかりと噛めるようになるのです。
そして、その人工歯根に上から義歯をかぶせるわけです。
インプラントや義歯は人が作った物ですので、虫歯になることはありません。しかし、インプラントに接している歯ぐきや顎の骨は自分の物です。
しっかり歯磨きをして、ケアを行うようにしてください。