インプラント後は清潔に!デンタルフロスを使用したケア方法

インプラント治療は、人工の歯根と人工の歯を装着する歯科治療で、処置を施した後はとても美しい口元を手に入れることができます。使用する素材もセラミックやジルコニアなど、着色しにくく、なかなか劣化もしません。それだけに、インプラント後のケアを怠ってしまうケースが珍しくないのです。インプラント後のケア方法としておすすめなのがデンタルフロスを使用した方法になります。ここでは、そんなインプラント後のケアについて、デンタルフロスを使った有効な方法と、怠った場合に起こるトラブルを詳しく解説します。

インプラントは虫歯にならない?

インプラントは虫歯にならない?

インプラントは、すべてのパーツが人工物で作られているため虫歯になることはありません。顎の骨に埋まっているインプラント体はチタンで作られていますし、人工歯の部分はセラミックなどが採用されます。そのため、極端なことをいうと、インプラントに関しては一切歯磨きをしなくても、虫歯が発生することはないのです。ただし、インプラントが虫歯にならないとはいっても、ここにはひとつ落とし穴があります。

インプラントは歯周病にはなる!

お口の病気で虫歯の次に有名なのが歯周病ですね。歯茎や歯を支えている歯槽骨が吸収したり、炎症を起こしたりする病気で、日本人の8割近くが罹患しているともいわれています。そんな歯周病はインプラントでも起こるのをご存じでしょうか?むしろ、インプラントの方が天然の歯よりも歯周病を起こしやすいともいえるくらいです。そのため、インプラントは虫歯にならないからといって、お手入れを怠ってしまうと、あっという間に歯周病を発症してしまいます。

インプラントのお手入れにはデンタルフロスが有効

インプラントは、1本単位で埋め込むことのできる素晴らしい補綴装置ですので、基本的に天然の歯の隙間に設置されます。そのため、インプラント後は治療前と同じような歯磨きを行えば良いといえるでしょう。ただ、人工の歯だけあって、天然の歯よりはプラークなどがたまりやすくなっています。特に歯と歯の間は、丁寧にお手入れする必要があるといえるでしょう。そこで、積極的に活用したいのがデンタルフロスです。おそらく、インプラント後に歯医者さんからも説明があると思いますが、インプラントのお手入れにはデンタルフロスが非常に有効であるといえます。

デンタルフロスってなに?

デンタルフロスってなに?

デンタルフロスとは、細いナイロン糸の束でできた清掃器具で、見た目は少し太めの糸といった感じです。表面にワックスが施されているワックスタイプと、なにも施されていないアンワックスタイプとがあります。当然、ワックスが施されている方がすべりやすいため扱いやすく、歯間の汚れも効率よく落とすことができます。

ホルダー型と糸巻き型の2種類がある

デンタルフロスには、ホルダー型と糸巻き型の2種類があります。ホルダー型は取っ手がついていて、初心者でも扱いやすいです。一方、糸巻き型は、単なる糸状の清掃器具ですので、お手入れにはそれなりに慣れが必要になります。インプラント後は、歯科の歯医者さんや衛生士さんが取り扱いについて丁寧に指導してくれるでしょう。

いずれも歯ブラシでは落としにくい汚れがターゲット

一般的な歯ブラシでは、どうしても歯面の汚れを落とすことが主な目的となってしまいます。歯ブラシの使い方によっては、歯と歯茎の境目にうまく毛先を入れ、効率的に汚れを落とすことも可能です。しかし、歯間部となると話は別です。そのため、インプラント後のお手入れを徹底するうえでは、デンタルフロスという清掃器具は欠かすことができません。それだけに、インプラント後には歯科の歯医者さんや歯科の歯医者さんがデンタルフロスを用いたお手入れ方法をしっかりと教えてくれます。

デンタルフロスによるお手入れを怠ると

デンタルフロスによるお手入れを怠ると

歯ブラシによる歯磨きは一生懸命行っていても、デンタルフロスを使わずにお手入れしていると、歯間部などにプラークがたまっていきます。プラークは時間が経過すると歯石となり、歯周病を発症させてしまうのです。ここにある意外な落とし穴というのが「インプラントは虫歯にならない」という点でしょう。虫歯にならないからこそ、汚れがたまっても放置してしまいがちです。その結果、歯石の形成にまでいたってしまうといえます。そうして生じるのが「インプラント周囲炎」という病気です。

インプラント周囲炎とは?

インプラント後には、インプラント周囲炎という特別な病気を発症することがあります。これは、一般的な歯周病とほぼ同じなのですが、インプラントを埋入した患者さんに多く発症するため、このような名前がついています。つまり、虫歯にならないからこそインプラント後のお手入れを軽視する結果、歯周病という病気を引き起こしてしまうのです。ちなみに、インプラント周囲炎の症状が悪化すると、歯茎だけでなく歯槽骨まで溶けてしまうため、インプラントが抜け落ちることも珍しくありません。

まとめ

このように、インプラント後にはデンタルフロスを用いたお手入れが非常に有効です。インプラント周囲炎などの病気を予防するためにも、インプラント治療前より一層丁寧なお手入れが必要となりますので、ぜひともデンタルフロスを活用してみてください。