オールオン4での治療が向いている人は?

オールオン4はとても新しく、日本に進出したのは2011年とつい数年前になります。オールオン4は最先端の歯科治療法で、従来のインプラント治療に比べて、埋め込むインプラントの本数が少なくて済むので、身体的にも経済的にも負担が軽減されました。これにより、今まで諦めていた人でもインプラント治療ができるようになりました。
しかし、オールオン4はどのような方でも治療可能というわけではありません。今回は、オールオン4が向いているのはどのような人なのか見ていきましょう。

オールオン4とインプラントの違いは?

オールオン4とインプラントの違いは?

オールオン4は最新の治療法ですが、失った歯を補う治療法ということについては今までのインプラントと同じです。では、どこが今までのインプラントと違うのでしょうか?

■埋め込むインプラントの数

通常のインプラントの場合は、1本の歯に対して1本のインプラントが必要になります。そのため、歯茎を切開する箇所も多くなり手術時間も長くなります。手術箇所が多くなれば、その分腫れや痛みも増してしまい、身体的な負担が大きくなってしまうことは否めません。
一方、オールオン4の場合は4本のインプラントを使用して歯全体を支えます。インプラントを4本しか埋め込まないため、身体的な負担は軽減されるといえます。術後の負担が少ない分、その日のうちにインプラントを埋め込んで仮歯を装着する段階まで済ませることが可能です。仮歯が入っていれば手術してその日に食事をすることもできますよ。また、インプラントは使用する本数が多くなれば多いほど費用がかかってしまうので、使用する本数が4本ということは、金銭的な負担も少なくなります。

オールオン4治療に向いている人は?

■総入れ歯を使用している人

歯を全て失ってしまって総入れ歯を使用しているという人の中で、入れ歯がなかなか合わなくて苦労しているという方には、オールオンが向いているでしょう。オールオン4は、取り外してお手入れする手間もかかりませんし、発音のしにくさや噛みにくいということもありません。

■現在残っている歯を今後残すのが難しい人

すでに歯が1本もない方はもちろんですが、今残っている歯が歯周病や虫歯がひどく進行していて生かしておくことが難しい状態になっている方にもオススメできます。残っていても傷みがひどい場合は先に抜歯をしてオールオン4にすることも出来ます。

■費用を抑えたい人

通常のインプラントは1本につき何十万かかかってしまいます。10本から14本のインプラントを埋めこもうとした場合、費用はかなりかかるでしょう。しかしオールオン4なら4本で済むのでかなり安く抑えることが出来ます。

■顎の骨が少ない人

通常のインプラントは、顎の骨にある程度の厚みがないと適応できないことがあります。その点、オールオン4ならインプラントを斜めに埋め込むこともできるので骨が薄い方にも対応できます。

■人前に出る機会が多い人

インプラントは土台が確立するまでに6ヶ月ほどかかってしまいます。入れ歯の場合も型をとってから1ヶ月ほどかかってしまうでしょう。歯がない状態で人に会うことは苦痛になることもあるでしょう。オールオン4は、その日に仮歯を入れることができるので、見た目を気にする必要はありませんよ。

こんな人にはオススメできません

こんな人にはオススメできません

■健康な歯が残っている人

上でお話ししたように、オールオン4は歯が全てない方に適している治療法です。ということは、現在健康な歯が残っている人は抜かなければならなくなってしまいます。抜く必要のない健康な歯は残しておきたいという方にはオススメできません。

■メンテナンスを怠ってしまう人

オールオン4に限らず、インプラント治療後は自分できちんとケアしなければなりません。オールオン4は人工の歯なので虫歯になる危険はありませんが、通常のインプラントと同じように歯周病に気をつけなければなりません。歯ブラシだけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシ、他にも水圧を利用して汚れを落とすジェット水流などを併用してお手入れする必要があります。他にも定期的に歯医者さんでメンテナンスを行う必要もあるので、これが面倒になってしまうと、オールオン4が失敗してしまうことになります。

オールオン4で快適な生活を

オールオン4はとても優れた最先端の治療法ですが、口内の状態によっては適応できない場合もあります。治療費用は安く済みますが、結果的に失敗に終わってしまっては意味がないですよね。オールオン4は、総入れ歯に苦労していたり、顎の骨が薄くてインプラントを諦めていた方には最適な治療法かもしれません。残っている歯はあるけど…抜いてしまっていいものか?と悩んでいる方も歯医者さんに相談してみると良いでしょう。歯は食事や会話などの日常生活においても重要な役割を果たします。丈夫な歯を手に入れて、毎日快適に過ごしたいものですね。