妊娠中はインプラント治療を受けられるか?

妊娠中であっても母胎が安定していれば、虫歯や歯周病の治療を受けることは可能です。しかし妊娠中はこれまでと体の状態が異なることも多く、ほんの些細なことでもトラブルを引き起こす恐れがあります。特に抜歯などの外科手術はそのリスクが高いため、急を要さない限りは控えることが多いでしょう。

インプラント治療においても人工歯根を骨に埋める外科治療を伴います。そのため妊娠中の女性やこれから妊娠を希望する女性は、インプラント治療を受ける時期を慎重に考えることが必要です。

そこで今回は妊娠中にインプラント治療を受けると実際にどのような危険性があるのか、詳しく紹介したいと思います。

妊娠中にインプラント治療を受けるとどんな危険性がある?

妊娠中にインプラント治療を受けるとどんな危険性がある?

現在妊娠している人、もしくは近々妊娠を希望している人の場合、インプラント治療は控えたほうが良いでしょう。

たとえ妊娠中であっても、妊娠中期(妊娠16週~妊振28週まで)は通常の歯科治療が受けられます。この時期であれば、麻酔やレントゲンなどの影響を母胎が受けることはほとんどありません。近年は母親の虫歯が赤ちゃんの歯に与える影響を踏まえ、母親教室などでも妊娠中に虫歯を治療しておくことを勧めています。

しかしすべての歯科治療が受けられるわけではなく、特に出血を伴う外科処置はよほど緊急でないかぎり妊娠中は控えます。インプラント治療においても人工歯根を骨の中に埋入する外科手術を伴うため、以下のような危険性を考えると妊娠中はお勧めすることができません。

■レントゲンや歯科用CTが胎児に及ぼす影響

妊娠中のインプラント治療でまず心配なのは、レントゲンなどによる放射線の影響です。

インプラント治療においては人工歯根の埋入手術を正確に行うため、レントゲンを複数回撮影する場合があります。また近年では歯科用CTを用いる歯科医院も増えてきていますが、歯科用CTはレントゲンよりも放射線の被ばく量がやや多くなります。

通常の歯科治療で行うレントゲン撮影であれば放射線の被ばく量もごくわずかで、妊娠中でも胎児への影響はほとんどありません。しかし、インプラント治療では、通常の歯科治療よりも放射線の影響がやや大きくなることが予想されるため、妊娠中のインプラント治療は控えるほうが良いと言えます。

■麻酔薬や術後の投薬の影響

歯科で使用される麻酔はレントゲン同様、通常の歯科治療であれば母胎へ影響することはありません。ただインプラント手術では、通常の歯科治療よりも麻酔薬の量が多くなることが予想されます。

またインプラント手術では、術後の細菌感染を予防するために抗生物質が投与されます。さらに痛みがある場合は鎮痛剤というように、インプラント手術後には複数の薬剤を服用することが必要です。

麻酔薬や服用する薬剤が必ずしも母胎へ影響するというわけではありません。しかしどんなに小さなリスクであっても、妊娠中はできるだけ避けたほうが賢明でしょう。

■治療における母胎の負担

インプラント治療で行う外科手術は、通常の治療よりも多くの出血を伴います。普段であればそれほど問題がない出血でも、妊娠中においては早産のリスクを高めるなど、母胎に大きな負担となる危険性があります。

また、つわりがひどくて治療をつらく感じたり、大きくなったお腹が体を圧迫して血圧が下がるなど、妊娠中は何かとトラブルがつきものです。以上を踏まえると、妊娠中にインプラント治療を受けるのは母胎にとって色々と負担が大きいと言えるでしょう。

インプラント治療中に妊娠したらどうする?

もしインプラント治療を開始した後に妊娠してしまったら、まずは、担当の歯科医師及び産婦人科医に相談の上、今後の治療方針を決定します。

基本的には母胎への影響を考え、出産するまでは治療を中断することが多いでしょう。しかし、歯が抜けたままの状態が長く続くことは好ましくないので、仮歯や入れ歯など一時的に歯を補う処置は行います。

また妊娠中はホルモンバランスの影響によって、歯周病など歯ぐきのトラブルが起こりやすくなります。後々インプラント治療を再開する予定であれば、妊娠中は歯ぐきの状態を良好に保っておくことが重要です。したがってインプラント治療再開までは、定期的なクリーニングなどを欠かさないよう努めましょう。

インプラント治療を受ける際は妊娠時期についても考えること

インプラント治療を受ける際は妊娠時期についても考えること

妊娠中に起こりうる様々な危険性を考えると、外科手術を伴うインプラント治療は、やはり妊娠中には控えるほうが良いでしょう。またインプラント治療は治療期間が長期に及ぶ場合があるため、もしインプラント治療を希望するのであれば妊娠時期も考慮にいれることが必要です。

インプラント治療中に妊娠した場合に出産まで治療を中断しても、産後に治療を再開することはできます。しかし妊娠中の間、「あの時のレントゲンは問題なかったか」「あの時飲んだ薬は赤ちゃんに影響はでないのか」とずっと心を悩ませることにもなりかねません。あとで後悔しないためにも、インプラント治療中に、妊娠を控える配慮をすることも大切なのではないでしょうか。