診療科目

インプラント科

インプラント

インプラントは人工クラウンやブリッジ、部分入歯、総入歯などに替わる歯の修復方法として注目されるインプラント治療。外科手術により顎の骨に人工歯根を埋め込み、骨としっかり結合した時点で人工の歯を固定するので、自分の歯のような感触で噛むことができ、入歯の装着による骨の喪失も抑制します。4本のインプラントで顎を支えるオールオン4をはじめさまざまなインプラントの治療を行っています。

歯周病科

歯周病科

口臭が気になる、歯ぐきが腫れる、血が出るといった症状はありませんか。原因は歯肉炎や歯槽膿漏などいわゆる歯周病。進行すると歯肉の退縮、顎骨の減少により歯を失うことになってしまいます。歯周外科手術の最新方法の取り入れ、海外の研習を通じて、ひとりひとりの患者さんに適した最善の治療を行なっています。

歯科麻酔科

歯科麻酔科

京都で初めて日常的に麻酔医随伴を行いました。静脈内鎮静法を併用した手術に伴う全身管理は、歯科口腔外科領域における「全身麻酔」「鎮静法」「疼痛治療」等を専門に行う歯科麻酔医(日本歯科麻酔学会認定医)が担当します。手術に先がけ、診察および検査を実施し、手術中は、厳重に鎮静管理を行うため、安全に手術を行うことができます。2名の麻酔医が非常勤でおります。高血圧や体調が悪いなど、体の様子をしっかり麻酔医が把握しながら、手術を行います。

審美歯科

審美歯科

最近では健康面ばかりでなく、審美的な面からの歯科治療がクローズアップされてきています。変色した歯を漂白するブリーチングやセラミック製の薄い人工歯を歯の表面に貼りつけるポーセレン・ラミネート・ベニヤシステムなど、わたしたちは最新治療を積極的に取り入れています。

一般歯科

一般歯科

大切な歯を守るために、虫歯治療における各歯に適したつめ物の選択はもとより、歯肉炎などの原因となる歯垢を除去するプラークコントロール、トリートメントプランや正しい歯磨き指導など、予防に重点をおいた歯科治療にも力を注いでいます。

矯正歯科(松本歯列矯正センターとの協力)

歯の咬み合わせは、お口の健康の基本です。悪い咬み合わせは、虫歯や歯周病などお口のトラブルの原因になるだけでなく、顎をはじめ、全身のバランスにも悪影響を与えてしまいます。矯正治療は全身の健康のために必要な治療です。

感染予防院内滅菌システム

院内の器具・エプロン・カップなどは使い捨てのものを使用し、滅菌器(ガス滅菌、タービン滅菌、加圧滅菌器)など5台を用し、タービン類なども患者個々に対して、すべて滅菌したものを御用意しています。もちろんインプラントなどに関しては、ノーベル財団(ノーベル賞を出している財団)から分化したノーベルバイオケアー社、スウェーデン製を使用。すべてのインプラントに、LOT(製品ナンバー)が付けられており、ノーベル社から保証がついております。他社製品に先がけて、品質管理は万全の体制でのぞんでおります。また、手術着などは、すべて、使い捨てのものを使用しております。

滅菌システム

院内環境は常に清潔に保たれ、手術室、診察室、治療室、各種治療器具は特に高いレベルの清潔度を達成しています。また、インプラントなどの治療、手術に必要なCT-スキャン撮影装置など、新しい設備の導入をはじめ、様々な研習会へ積極的に参加し、資格修得、技術錬磨を行い、最先端の技術で治療に取り組んでいます。