歯科麻酔専門医による安心で安全な診療が受けられます

インプラント手術は、通常、局所麻酔で行います。痛みはありませんので、安心して手術を受けていただくことができます。
…とはいっても…意識ははっきりしています。手術中の音や振動などがすべてわかってしまい、緊張や不安が高まってしまいます。緊張や不安は心身に大きなストレスをもたらし、場合によっては予期せぬ重篤な偶発症をも生じかねません。
局所麻酔によるインプラント手術に、静脈内鎮静法という方法を併用すると、手術中の意識が薄れ、心身に与えるストレスを減少させることができ、より快適、より安全に手術を受けていただくことができます。

静脈内鎮静法を併用したインプラントなどの手術に伴う全身管理は、歯科口腔外科領域における「全身麻酔」「鎮静法」「疼痛治療」当を専門に行う歯科麻酔医(日本歯科麻酔学会認定医)が担当します。2名の麻酔医が非常勤でおります。

静脈内鎮静法を併用したインプラントなどの手術に伴う全身管理は、歯科口腔外科領域における「全身麻酔」「鎮静法」「疼痛治療」当を専門に行う歯科麻酔医(日本歯科麻酔学会認定医)が担当

管理計画

インプラントなどの手術に先がけ、診察(問診・血圧測定・胸部聴診 等)および検査(尿・血液・心電図 等)を実施し、患者さん個々の健康状態や体質などを考慮した管理計画を立てます。

鎮静管理

インプラントなどの手術中は、最新の生体情報モニターを駆使し、脈拍・血圧・心電図・呼吸等の全身状態を厳重に監視しながら鎮静管理を行います。