口腔周囲筋トレーニング症例

口のまわりの筋肉を鍛え、正常な口輪筋の形態をつくりだすことで、審美性を回復した顔貌に!

CASE 1

口腔周囲筋トレーニング症例1

プロビジョナル装着後、嚥下訓練を3ヵ月行い、唾液量の増加とともに嚥下しやすくなった。舌骨上筋、下筋へのストリッピングを行い、嚥下運動を円滑にできるようにした。あわせて顎下リンパ節へのマッサージも行った。

口腔周囲筋トレーニング症例1

a~d 術前術後パノラマX線および術前術後顔貌写真。上顎残存歯は動揺し、下顎ブリッジは脱離している。術後咀嚼は十分に可能となったが、左右口角部が不均一である。多くのトレーニングを行う場合は、必要最小限とすることが重要であり、最終補綴物装着後もトレーニングを持続させる場合もある。

CASE 2

口腔周囲筋トレーニング症例2

口角を上げるトレーニングなどは不十分であったが、患者は咀嚼が円滑にできるようになったため3ヵ月で終了とした。上唇をよく咬むため、リップマッサージは継続した。

口腔周囲筋トレーニング症例2

a~d 術前術後パノラマX線および術前術後顔貌写真。歯は残存しているが、連結冠は脱離し咀嚼できない。上下口唇の形態は正常となり口角は上がり、頬筋も動作することから十分な咀嚼ができるようになった。

CASE 3

口腔周囲筋トレーニング症例3

口唇に緊張があり、リップマッサージを十分に行わせた。シワは消失したが、長期にわたり口輪筋、頬筋の訓練を行った。

口腔周囲筋トレーニング症例3

a~d 術前術後パノラマX線および術前術後顔貌写真。残存歯は動揺している。上顎前歯部は咀嚼時、前方に傾斜する。歯列の存在により、口輪筋は一定の形態を維持し、咀嚼は回復したが、口唇を挙上するトレーニング不足のため、口角は十分に引き上げることができない。

CASE 4

口腔周囲筋トレーニング症例4

口腔周囲筋のトレーニング後、小臼歯部でも行った。必ず、口腔周囲筋、口輪筋、頬筋のトレーニング後に、咀嚼筋に軽い負荷をかける訓練を行う。小臼歯部での咀嚼訓練を行う時に、痛みなどを感じた時はリラクゼーショントレーニングに変える。要は負担をかけず、咀嚼する感覚を付けさせることが重要である。

口腔周囲筋トレーニング症例4

a~d 術前術後パノラマX線および術前術後顔貌写真。残存歯は動揺し、咀嚼がまったくできない状況である。口唇周りの筋肉が使えるようになり、口角は引き上がり審美性は改善した。