ごあいさつ

インプラント矯正歯科センター五十嵐歯科医院(京都府京都市)では「全顎治療」(口内全体にわたる治療)を医院方針に掲げ、インプラント(人工歯根)、歯周外科、矯正歯科(松本歯列矯正センターとの連携により)など幅広い分野において、つねに高度な技術をもって治療に取り組んでいます。

五十嵐歯科の現在の成り立ち

我々五十嵐歯科スタッフは、現在、iso(International society of osseointegration)を、UCLA教授Dr.P.K.Moy教授の設立時から参加、五十嵐が理事をつとめて、インプラント外科、修復学を学びました。
またロサンジェルス顎顔面外科専門医、Dr.Dennis、Smiler先生の指導を、毎年受けております。また、アメリカ、ロサンジェルスにある、南カリフォルニア大学歯学部との協力により、パンパシフィックセンターを設立し、ここを通して、多くの若手日本人歯科医師の勉強の場を提供する活動に参加しております。南カリフォルニア大学歯学部、パンパシフィックセンターのアンバサダー(大使)にも任命されており、インプラント修復学の、世界最新の技術習得に努力をしております。
昨年まで、ICOI国際インプラント学会試験委員をつとめており、今後の海外から、技術導入、医療現場の活性化を行う決心であります。故保母須弥也先生(国際デンタルアカデミー所長、南カリフォルニア大学元教授)に指導を受け、現在の京都府最大級の即時埋入インプラントの治療を行うことができたのです。我々五十嵐歯科スタッフは、現在、iso(International society of osseointegration)を、UCLA教授Dr.P.K.Moy教授の設立時から参加、五十嵐が理事をつとめて、インプラント外科、修復学を学びました。
またロサンジェルス顎顔面外科専門医、Dr.Dennis、Smiler先生の指導を、毎年受けております。また、アメリカ、ロサンジェルスにある、南カリフォルニア大学歯学部との協力により、パンパシフィックセンターを設立し、ここを通して、多くの若手日本人歯科医師の勉強の場を提供する活動に参加しております。南カリフォルニア大学歯学部、パンパシフィックセンターのアンバサダー(大使)にも任命されており、インプラント修復学の、世界最新の技術習得に努力をしております。
昨年まで、ICOI国際インプラント学会試験委員をつとめており、今後の海外から、技術導入、医療現場の活性化を行う決心であります。故保母須弥也先生(国際デンタルアカデミー所長、南カリフォルニア大学元教授)に指導を受け、現在の京都府最大級の即時埋入インプラントの治療を行うことができたのです。

歯は人生の大切なパートナーです。歯を失うことで、握力の低下、脊髄のわん曲などあらゆる体力の低下をまねきます。立ったり、すわったりする行動も、奥歯がないとできにくくなり、ひざ、足の痛みの原因になります。高齢化社会が目前に迫ってきていますが、今や70歳という年齢は必ずしも”老人”を意味しません。高齢になっても元気に社会で活躍していただくには、歯はとても大切なものです。当インプラント矯正歯科センター五十嵐歯科医院(京都府京都市)スタッフは、治療に精一杯の貢献をしてゆきたいと考えています。

CT-スキャン(広視野・頭頚部用X線CT診断装置)をはじめとする最新設備の導入や血液検査、さらには心電図、脈拍、血圧のモニター管理による外科手術。加えて専門の歯科麻酔医を随伴させることで、より安全に、患者様の精神的負担をより軽減した環境の中で、インプラント治療、抜歯などを行うことができます。また、スタッフの講習会参加、専門資格取得や講習会の開催、海外からの外国人講師の招聘など、今後開業を志す歯科医の育成にも力をいれています。

スタッフ写真

インプラント矯正歯科センター五十嵐歯科医院(京都府京都市)は、多くの学会に所属し、研修活動に参加しています。
●南カリフォルニア大学(USC)臨床准教授 
●歯学博士 
●臨床歯周病学会認定医 
●口腔インプラント学会会員
●ICOI(国際インプラント学会)認定医・指導医 
●International society of osseointegration 理事
●南カリフォルニア大学歯学部客員研究員
●南カリフォルニア大学歯学部ジャパンプログラム卒業
●南カリフォルニア大学歯学部ペリオシンポジウムスピーカー(2010年度)
●南カリフォルニア大学歯学部パンパシフィックセンターアンバサダー
●ノーベルバイオケアー社公認メンター
 (グローバル企業ノーベルバイオケアー社即時荷重インプラントリサーチメンバー)
●AO会員(アメリカアカデミーオブオッセオインテグレーション)