オーラル・フレイルおよびサルコペニアを予防するためのMFTとインプラントの活用

オーラル・フレイルおよびサルコペニアを予防するためのMFTとインプラントの活用

オーラル・フレイルおよびサルコペニアを予防するためのMFTとインプラントの活用

監著:五十嵐 一 A4変型判  144頁

ページをピックアップして五十嵐院長が解説しています。

Pick up! ページ解説 P56~P58

オーラル・フレイルおよびサルコペニアを予防するためのMFTとインプラントの活用

オーラル・フレイルおよびサルコペニアを予防するためのMFTとインプラントの活用

オーラル・フレイルおよびサルコペニアを予防するためのMFTとインプラントの活用

五十嵐院長の解説
歯を失うことで、姿勢は前傾し、首に大きな負担がかかる。舌の位置は下前歯を指し、舌の表面が乾き、病気の第一相を形成する。鼻呼吸から口呼吸への変化が多くの病気を引き起こす原因となっていく。いかに歯の存在が、咀嚼力・筋力・姿勢・舌の乾燥・免疫力に関係しているかを解説している。

Pick up! ページ解説 P60

オーラル・フレイルおよびサルコペニアを予防するためのMFTとインプラントの活用

五十嵐院長の解説
顔面には多くのリンパ節が散在しており、歯を失い、舌の力が無くなり、低位舌、二重顎になり、筋収縮が起こり、リンパ節の動作は鈍くなり、老化が始まる。しっかりかみ、咀嚼力を維持することで老化を防ぐことが出来るのである。

Pick up! ページ解説 P62

オーラル・フレイルおよびサルコペニアを予防するためのMFTとインプラントの活用

五十嵐院長の解説
歯を失うことで、舌骨は下がり嚥下する力は衰えていく。二十顎の状態となり、首の廻りの筋肉や広頚筋は衰えていき、その部にはリンパ節が有り、免疫力は低下する。このメカニズムを解説している。

Pick up! ページ解説 P73

オーラル・フレイルおよびサルコペニアを予防するためのMFTとインプラントの活用

五十嵐院長の解説
インプラントの上部構造は、どのような材料を使用する必要があるのかを、生理学的観点と材料学の観点から解説している。

Pick up! ページ解説 P76~P77

オーラル・フレイルおよびサルコペニアを予防するためのMFTとインプラントの活用

オーラル・フレイルおよびサルコペニアを予防するためのMFTとインプラントの活用

五十嵐院長の解説
何故歯に荷重負担がかかり、動揺したり、割れたりするのかを多くの論文から説明している。