インプラントのセラミック製の人工歯はどのようなものか

自身の口内に人工歯があるなんて、どのような感覚なのでしょうか。インプラント治療で装着される人工歯は、そのほとんどがセラミック製です。しかも、そのセラミック製の人工歯は1種類ではなく、さまざまなセラミックの種類があります。自分自身の天然歯とはどのような違いがありのか、とっても気になりますよね。これから一生付き合っていく人工歯ですから、その特徴はしっかりと把握しておきたいところ。今回は、インプラント治療で使われるセラミック製の人工歯について解説していきます。それぞれの特長や費用など、ご自身の目的や予算にぴったりの人工歯をみつけてくださいね。

■インプラント治療で人工歯をつける、とは?

インプラント治療で人工歯をつける、とは?

インプラント治療で人工歯をつけるということはわかっているけれど、どうやってつけるのかはよく知らない、という方は多いのではないでしょうか。簡単にご説明すると、インプラント治療の「インプラント」とは、身体の内部に埋める器機のことを言います。ですから、心臓のペースメーカーや人工関節もインプラントといえます。医療歯科の分野では、人工歯の治療に使うネジのようなものをインプラントと呼んでいます。インプラントをあごの骨に埋め込み、そこに人工歯とインプラントをつなぐアバットメントという器具をとりつけます。このアバットメントに人工歯を固定するのがインプラント治療の流れです。今回は、この「歯」となる人工歯の素材であるセラミックについてご説明していきます。

■セラミック製の人工歯の種類

自分にぴったりの人工歯を選ぼう

セラミック製の人工歯には、大きく分けて4つの種類があります。それぞれメリット・デメリットがあり、見た目=審美性や耐久性、費用面などちがいがありますので、こちらでちがいを把握して検討する際の材料にしてください。

●ジルコニアセラミック
ジルコニアとは非金属の白い素材で、天然のダイアモンドのことです。このジルコニアを人工歯の軸として、その周りをセラミックでコーティングしたものがジルコニアセラミックの人工歯と呼ばれます。軸がダイアモンドなので、その強度と耐久性はとても強く、強い力や圧がかかったとしても、割れたり欠けたり、変形してしまったりということがほぼありません。周りをコーティングするセラミックについても、変色する心配がなく、とてもきれいな歯をたもつことができます。また、金属を使用していないので、金属アレルギーの方でも安心して装着できます。ただ、軸が天然のダイアモンドですから、人工歯を作る際の治療費は高めとなり、費用面での負担が大きくなることがデメリットといえます。

●オールセラミック
文字通り、軸も周りを覆う部分もすべてがセラミックでつくられている人工歯です。セラミックとは陶器のことですから、つやつやとしていて美しく、天然歯にとてもなじみ歯全体がきれいに見える審美性の高さが特徴的です。また、セラミックの色自体にも種類があるので、より一層自分自身の天然歯に近い色を選ぶことができ、審美性はより一層高まります。陶器なので汚れもつきにくく、変色の心配もあまりありません。さらに、こちらも金属を使用していないので、金属アレルギーの方でも安心です。しかしながら、強度や耐久性には少々問題があり、陶器であるため割れてしまう、欠けてしまうといった可能性が高いのです。強い力をかけたり、衝撃が加わると割れてしまうことがあります。長い年月を経ても変色しないという優れた素材なので、その分費用も多少高額になってしまいます。

●ハイブリッドセラミック
ハイブリッドという名のとおり、2つの素材を合わせて作られた人工歯です。こちらは、セラミックとプラスチックを混ぜ合わせてつくられています。プラスチックをしようしていることから、保険適用外となるインプラント治療の人工歯の中で最も費用を抑えることができる人工歯です。セラミックが入っている分、変色を抑えることができ、比較的長い期間白い歯を保つことが可能です。こちらもオールセラミック同様、自分の歯の色に近づけることができ、金属アレルギーの方でも安心して装着できます。しかし、セラミックにプラスチックが入っている分、セラミックよりは柔らかい素材です。強度が少々弱いので、摩擦でのすり減りや、欠けたり割れてしまう可能性もあります。また、セラミックのようなつやも装着したての時はありますが、経年劣化でつやが失われてしまうことが多いです。

●メタルボンド
最後にご説明するのは、金属でできた歯の形のフレームにセラミックをコーティングした、メタルボンドという人工歯です。金属なので、他の人工歯に比べてとても強度があります。ハイブリッドセラミックほどではありませんが、こちらも費用面では比較的負担が少なく済みます。また、セラミックを表面にコーティングしているので、経年劣化による変色がほとんどありません。色も、自分の歯に近づけることができるので、見た目=審美性も高い人工歯です。しかし、あくまで内部は金属ですから、オールセラミックのような透き通るようなつやつやとした色調にはなりません。また、金属なので金属アレルギーの方には装着できないというデメリットもあります。さらに、経年劣化によって金属部分が溶け出してしまい、歯が黒ずんでしまう可能性もあります。

■自分にぴったりの人工歯を選ぼう

いかがでしたか?ひとくくりにセラミック製の人工歯といっても、これだけの種類とそれぞれの特徴があります。審美性を追求するのか、強度を求めるのか、できる限り費用負担を少なくするのかによって、最適な人工歯はことなります。これを機に、どの人工歯がご自身にあっているのか、一度考えてみてはいかがでしょうか。