ジルコニア製インプラントのメリットとデメリット

差し歯やブリッジをしているけれど、そろそろインプラントにしようかな…と思っている方、今、従来のチタンやチタン合金を使用したインプラントではなく「ジルコニア製インプラント」が注目されていることをご存知ですか?見た目の美しさ(審美性)が優れていると言われているインプラントですが、ジルコニア製インプラントはこれまでのインプラントよりもさらに美しい見た目を手に入れることができるようです。
今回は、ジルコニア製インプラントとは何なのか、またジルコニア製にするメリットについてもご説明します。

ジルコニアとは?

ジルコニアとは?

そもそもジルコニアとは何かというと、簡単に言えば人工ダイヤモンドのことです。セラミックの一種ですが、その安定性と強度はダイヤモンドに勝るとも劣らないといわれています。ダイヤモンドに匹敵するものであることから、最近ではスペースシャトルの保護剤であったり、人工関節の素材、身近なところでは包丁にも用いられています。そして歯科医療でもジルコニアの安定性や強度に注目が集まり、インプラント治療に使われるようになってきたました。

ジルコニア製インプラントのメリットとは

ダイヤモンドに匹敵する強度をもち、安定性もあるジルコニア。これまでのインプラントでは、人工歯根や土台にチタンやチタン合金を用いることが主流でしたが、それと比較して、ジルコニア製インプラントにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

■強度が高い

従来のセラミックやチタンなどでつくられたものよりも強度が高く、インプラント治療の最中に欠けたり割れたりというような器具の破損を防ぐことができるのは大きなメリットです。これまでセラミックは強度も問題でインプラントやブリッジの土台に用いることができませんでしたが、ジルコニア製ではその強度から、土台に活用されるようになっています。噛みしめる際に大きな負荷のかかる奥歯に使用しても問題なく生活することができます。

■金属を使わなくて良い

従来のインプラントはチタンやチタン合金が主流だったため、どうしても口内に金属を入れる必要がありました。ジルコニア製インプラントはセラミックの一種からつくられているので、金属を使用する必要がありません。金属アレルギーがある方でもインプラント治療が可能になったわけです。また、アレルギーでなくとも、金属が体内に溶けだしてしまったり、電流が流れたりすることがありましたが、ジルコニア製インプラントではその心配がなく、身体への影響が少ないことがメリットとして挙げられます。

■変色しにくい

食べ物や飲み物など口にするものにも酸性やアルカリ性などがあるため、実は、日常的に歯には負担がかかっています。人工歯に用いられるセラミックでも同じように負担はかかり、これまでのインプラントでは、経年劣化といって、長く使用していると変色等で劣化してしまうことが報告されていました。しかし、ジルコニア製インプラントは従来のセラミックよりも安定性にとても優れているので、長期間使用しても劣化しにくく、経年劣化の心配がかなり低くなるのです。

■歯茎との親和性が高い

従来のインプラントでは、治療が終わって数年後に歯茎が後退してしまうという可能性がありましたが、ジルコニア製インプラントは歯茎との親和性が高く、長期間使用しても歯茎の後退の心配がありません。万が一、インプラントが要因ではなく年齢などで歯茎が後退してしまった場合でも、ジルコニア製インプラントはもともとが白色をしているので、チタンやチタン合金製のように歯茎が黒ずんで見えることもありません。

ジルコニア製インプラントのデメリットは?

ジルコニア製インプラントのデメリットは?

従来のインプラントに比べて様々なメリットが挙げられるジルコニア製インプラントですが、一方でこれらのようなデメリットがあることも理解しておきましょう。

■硬すぎる

ダイヤモンドに匹敵する強度をもっていますので、噛み合わせの際に他の歯を削ってしまい、歯が欠けたり割れたりすることがあります。

■費用が高くなる

歯医者さんや技工士の高い技術が必要になりますので、従来のインプラントに比べると費用が高くなります。素材の価格自体もチタンやチタン合金より高くなるので、これまでのインプラント治療より多くの費用が必要ということは知っておきましょう。

このような方におすすめ!

従来のインプラントに比べると費用が高くなってしまうジルコニア製インプラントですが、その強度や審美性、安定性は比べものになりません。多少費用がかかっても、一生ものとして劣化が少なくより長期間使用していきたい方や、金属アレルギーがあり従来のインプラントは不安だったという方、身体の不調に敏感で体内への影響を極力減らしたい方などは、一度ジルコニア製インプラントを検討されてみてはいかがでしょうか。最近扱うようになった歯医者さんも多いので、まずはジルコニア製インプラントを取り扱っているかどうかを歯医者さんに尋ねてみましょう。また、可能な限り複数の歯医者さんに問い合わせをし、信頼できるところを見つけるのも大切です。