残っている歯が少ない方におすすめのインプラント治療「オールオン4」

現在、歯を失ってしまい総入れ歯になっている方や、残っている歯の状態も悪く保存しておくのが難しいというような方にとって、従来のインプラント治療と、オールオン4では、どちらが適した治療法と言えるのかを解説していきます。また、総入れ歯の方にとって、インプラント治療をすることでどのようなメリットがあるのかということも解説していきましょう。

そもそもオールオン4ってなに?

そもそもオールオン4ってなに?

従来であればすべてインプラントを埋め込んでいましたが、オールオン4では、4本のインプラントをバランスよく埋め込み、10本~12本の固定式の人工歯を支えていきます。そのため、従来の治療法よりも外科的手術が少なくて済むので体への負担を軽減することが可能になったのです。オールオン4というのは、総入れ歯になってしまった方や、残っている歯の状態も悪く、保存するのが難しいというような方におすすめの治療法でしょう。総入れ歯が合わない、部分入れ歯の範囲が広くなってきてしまった、残っている歯もほとんどが歯周病のためにグラグラしている、というような治療をしても歯を残すことが難しいというような場合、オールオン4を検討されてみてはいかがでしょうか。

オールオン4と、従来の治療法の違い

では、歯を失ってしまった方にとって、オールオン4を選んだ場合と、従来の方法を選んだ場合ではどのような違いがあるのかを解説していきましょう。

■従来のインプラント治療の場合

インプラント治療を選んだ場合のメリットとしては、機能する天然の歯を抜歯せずに残しておくことができるということです。また、オールオン4よりも治療できる対象が広いというようなこともあります。しかし、すべてインプラントにすれば費用は高額になってしまい、外科的手術の範囲が広いために、体への負担も大きくなってしまいます。そして骨の量が少ない場合には骨を増やす手術も必要となるので、さらに高額になってしまう場合があります。

■オールオン4の場合

オールオン4の場合だと、インプラントは必要最低限の4本で済むために、費用を抑えられます。そして、外科的治療が少ないために、体への負担も最小限に抑えることが可能です。また、骨の量が残っていることが多い前方の顎の骨にインプラントを埋め込むので、骨を増やす手術を行う必要がない場合が多くなっています。また、手術当日に人工の歯を固定するので、普段通りの食事を行うこともできます。しかし、機能する天然の歯が残っている場合には抜歯が必要になり、お口や身体の状態によっては受けられない可能性があるので、まずは歯医者さんへの相談が必要となっています。

オールオン4の機能性と審美性の高さ

オールオン4のメリットを上記でお伝えしましたが、他にも審美性の高さや、機能性に優れているというようなメリットが挙げられます。見た目に関しては自然の歯以上に美しい仕上がりになるのではないでしょうか。そして機能面に関しても、自然の歯に近い咀嚼力を得ることが可能です。メンテナンスを怠らなければ、半永久的に使い続けることができるでしょう。歯が足りない状態のまま過ごしていたり入れ歯になってしまうと、見た目への影響の他に、全身の健康にまで被害を及ぼしてしまうことがあります。しかし、オールオン4なら、歯を失う以前と同じように好きなものをしっかりと噛んで味わうことができるのです。また、取り外す必要がないので、なくしてしまう心配もありません。

オールオン4には若返りの効果もある?

オールオン4には若返りの効果もある?

上記でお伝えしたように、オールオン4は審美的にとても優れています。入れ歯を装着していると、見た目が老けた印象になってしまうこともあるでしょう。また、入れ歯だとどうしても口元が気になってしまい、大きく口を開けて笑うことができないこともあるかもしれません。しかし、オールオン4の治療を受けることによって、見た目や表情が明るくなり、はつらつとした印象へと変わっていく患者さんが多く見られます。入れ歯による滑舌の悪さも解消され、はきはきと話すことができるようになります。そして、口元が美しいと、清潔な印象を見る人に与えます。オールオン4の手術は、すべてインプラントにする場合よりも負担が軽減されますので、高齢の方にも適していると言えるでしょう。

治療後に気を付けること

オールオン4は、インプラントと同様、治療後のメンテナンスがとても重要になっています。3カ月に1度は、歯医者さんに通い、歯石や歯垢を取るなどのクリーニングや、状態に変化はないかなどのチェックをしてもらう必要があります。また、自宅でのケアもとても大切になってきますので、歯医者さんで受けた歯磨きの指導をきちんと守りトラブルがないよう過ごしてください。メンテナンスや毎日のケアを怠ってしまえば、インプラント歯周炎などを起こしてしまい、最悪の場合はせっかく入れたインプラントが抜け落ちてしまう可能性もあります。そういったことにならないよう気を付けて毎日を過ごしていきましょう。