インプラントの術式の種類|カウンセリングの重要性とは

ひと言でインプラントと言っても、色々な術式の種類があります。インプラントで大切なことは、患者様の口腔内に合った術式を行うことです。そのためには術前のカウンセリングが非常に重要です。今回は、インプラントの術式の種類、そしてカウンセリングについてお話をします。

一般的なインプラントの術式の種類

一般的なインプラントの術式の種類

一般的なインプラントの術式として、一回法と二回法の二種類があります。インプラントの術式の種類は、患者様の口腔内と全身状態、歯科医院の方針により異なります

■一回法

歯肉を切開するための手術を一度行う術式です。使用するインプラントは、インプラント体と上部構造(最終的な被せ物)を連結するための部品(アバットメント)が一体化した1ピース型のものと、インプラント体とアバットメントが別になっている2ピース型のものがあり、どちらのものを使用するかは歯科医院により異なります。

一回法のメリットとして、手術が一度で済むことから、患者様への負担が少ないことが大きなメリットです。またその分二回法よりも治療期間が短いことも利点です。

そして強度に優れており、その日のうちに仮歯まで装着する即時負荷に対応できるため、手術当日から軽い食事が可能です。ただし即時負荷は、どの歯科医院でも行っている術式ではないため、即時負荷を行なっている歯科医院を選ぶ必要があります。なお一回法は、顎の骨の量が大きく関わります。顎の骨の量が少ない部位には使用しにくい場合があります。

■二回法

一回法とは異なり、歯肉切開の手術を2度行う術式で、ほとんどの症例に対応できます。一度目の手術である一次手術でインプラント体を顎の骨に埋入し、3~6ヶ月間安静期間に入ります。その後顎の骨とインプラント体の結合を確認したのち、アバットメントを取り付けるための二次手術を行います。二次手術終了後、1週間くらい間をおいて人工歯の型取りを行い、人工歯を装着します。

二回法は一次手術後にいったん歯ぐきを閉じるため、感染のリスクが低いことが特徴です。その反面、外科手術を2度行うために患者様の体への負担が大きく、治療期間も長くなります。その間歯がないため、欠損部位により見た目も含めて日常生活に影響が出てしまうことがデメリットです。

より高度で熟練した手腕が必要なフラップレス術式

インプラント技術の向上や最新機器の導入により、ただ単にインプラントを行うだけではなく、難易度が高く、精度が必要な症例にも対応できるようになってきています。次に患者様がより安心してインプラント治療を受けていただくための最新技術について、お話を進めていきます。

■コンピューターガイドシステムによるフラップレス術式インプラント

インプラント技術の飛躍的な進化により、歯肉を切開せずに行う術式が行えるようになりました。フラップレスとは、歯肉を切開しないことを意味し、コンピューターによるガイドシステムによる、歯肉を切開しない術式です。

術前検査にて、CT撮影を行った口腔内画像から、ノーベルガイドというソフトを使い、コンピューターの3Dの立体画面にてインプラント手術をシミュレーションします。このシミュレーションを元に、インプラントの埋入をより安全、正確に行うために誘導するためのシステム、それが「ノーベルガイドシステム」です。

このシステムを使って骨の量や厚み、固さなど患者様のお口の中の状態を把握し、技工所へ送信します。その後マウスピースのような物をと仮歯または最終的な人工歯を作製します。手術当日は、作製したガイドを口腔内に装着し、ガイドに沿ってインプラントを埋入します。さらに仮歯または人工歯を装着し、治療を終了します。なお仮歯の場合は最終的な人工歯を装着するまで様子を見ます。

この術式により、オールオン4などの高度なインプラントが、より安全正確に行われるのです。

■ノーベルガイドシステムによるインプラントのメリットとデメリット

ノーベルガイドシステムのメリットは何といっても、正確で安全にインプラントを埋入できることです。またガイドに沿って歯肉に小さな穴を開けるため、これまでのように歯ぐきを切開する必要もなく、手術時間を短縮できること、そして出血の量を減らすことで術後の腫れや痛みを軽減できることも大きなメリットです。また即時荷重に対応できるこの術式は、これまで噛むことが困難であった総入れ歯の方向けのオールオン4を、より安全に行うための優れた術式でもあります。

このノーベルガイドシステムによる術式によるデメリットは、どこの歯科医院でも受けることはできないところです。そのため、まずこのシステムを導入している歯科医院を探す必要があります。また顎の骨がしっかりある人に限ります。そして高い技術、豊富な実績と症例、感染に対する滅菌システムをしっかりと整えている歯科医院であることが絶対条件です。

即時荷重の良さとは

即時荷重の良さとは

ここで、インプラント埋入直後に仮歯や人工歯を装着する「即時荷重」の良さについてお話しします。通常、インプラント埋入後はインプラント体と骨の結合期間となる安静期間に入ります。この間は歯がない期間となり、噛むことや見た目においてどうしても不自由を感じてしまうでしょう。特に歯がほとんどない方、総入れ歯の方がインプラント治療を考えたとき、歯がない期間が長いことで大変不便をお感じになるのではないかと躊躇することは、想像に難くありません。

このような悩みや戸惑いを解消する術式が、インプラントを埋入した日に仮歯や人工歯を装着する「即時荷重」です。数あるインプラントの種類の中でも利便性が高く、患者様への様々な負担を軽減することが可能です。

例えば二回法のインプラントと比べると、通院回数が少なく、費用面においても負担が軽くなります。ただし顎の骨の状態や全身状態により、即時荷重が難しい場合があります。歯科医師とよく相談し、いちばん安全で結果が得られる種類の術式を行うことが大切です。

カウンセリングの重要性について

インプラントの成功の秘訣は、技術はもちろん大切ですが、何といっても患者様と歯科医院との信頼関係を築くことです。信頼関係がなければ、どんなに良い腕や最新機器を持っていても、インプラントの成功はありません。

患者様が満足のいく結果を得ること、そして安心して手術を受けていただくためにはカウンセリングがとても大切です。カウンセリングでは、インプラントとはどういったものなのか、入れ歯やブリッジとどのような違いがあるのか、メリットやデメリットなどをわかりやすく説明し、患者様に理解いただきます。その後治療の流れやどの術式や種類でインプラントを行うのかという説明、治療期間、費用そして術後のメンテナンスの重要性などを詳しく説明します。また患者様の疑問や不安点などをお聞きし、しっかりと理解していただくことでインプラントは進められていきます。

歯科医師は、患者様のほんの些細な不安にもしっかりと耳を傾け、安心して任せてもらえることが最大の仕事なのです。患者様との信頼関係を得ることは、今後の口の中の健康だけでなく、体の健康にも大きく関わってきます。インプラントは歯科医院選びから、とよく言われる理由は、まさにここにあるのです。

患者様の状態に合ったインプラント術式を

このように、インプラントの種類や術式は様々です。患者様の口腔内は一人一人異なるため、事前カウンセリングをしっかりと行い、最良の結果を得ることが出来る方法を選択することが大切です。