噛み合わせがなぜ重要なのか?インプラントで取り戻せる噛み合わせ

失った歯を放置しておくと口の中のバランスは少しずつ乱れ、噛み合わせが悪くなっていきます。そしてその噛み合わせの問題は口の問題だけにとどまらず、原因不明の頭痛や肩こりなどを引き起こす可能性があります。

そのため、歯を失った際はその歯を補って噛み合わせを正常にする治療が必要です。インプラントはその治療法の1つで、噛み合わせを取り戻す治療として非常に優れています。

今回はなぜ噛み合わせがそれほどまでに重要なのか、噛み合わせが悪い事でどのようなトラブルに見舞われるのかなどを解説し、噛み合わせ治療におけるインプラントのメリットなどをご紹介したいと思います。

  

■1本でも歯を失うと噛み合わせのバランスは悪くなる

1本でも歯を失うと噛み合わせのバランスは悪くなる

失った歯が前歯など人の目につく部位であれば、多くの方は見た目を気にして歯を補おうとします。しかし人の目に付かない奥歯の場合は、歯の無い事があまり気にならない方もいらっしゃるようです。

確かに1本程度であれば、はじめは違和感などを覚えるものの、他の歯がしっかりしていれば噛むこと自体に支障はないかもしれません。しかし歯はたった1本失うだけでバランスを崩し、もともと歯があった空隙に向かって少しずつ動きはじめます。その結果、残っている歯の位置が微妙にずれ、歯並びや噛み合わせが悪くなってしまうのです。

■噛み合わせの悪さが引き起こすトラブル

歯並びが悪い場合は、「見た目が悪い」「食べ物が挟まりやすい」「歯磨きがしにくい」などの問題を自覚しやすい一方で、噛み合わせの悪さによるトラブルは盲点になりがちです。

それでは、噛み合わせが悪いと具体的にどのような問題が生じるのでしょうか?

■顎関節症の原因になる

顎関節症とは、様々な原因によって顎の関節やその周囲に異常をきたし、「口が開けにくい」「口を開けると音がなる」「顎が痛む」などの症状が出る疾患です。

歯が適切な場所に位置し正しく噛み合わせることは、顎の位置やそれを支える筋肉のバランスを整える役割も果たしています。そのため噛み合わせが悪くなると顎の位置がずれたり、筋肉に余計な力が加わるなどして顎関節症を引き起こしてしまいます。

■噛みにくいことが原因で栄養バランスが悪くなる

噛み合わせが悪くうまく噛めないと、食べ物の種類もおのずと自身が食べやすいものばかり選びがちです。それによって栄養バランスが悪くなると、やがて健康面にも影響がでます。

またしっかり噛めないまま飲み込んでしまうと、消化器官にも大きな負担をかけます。そのため、噛み合わせの悪さは胃腸障害や慢性的な便秘の原因にもなるのです。

■頭痛、肩こり、腰痛などの原因になる

噛み合わせが悪いと周囲の筋肉のバランスも崩れ、筋肉に余計な負荷がかかります。そのため筋肉が常に緊張した状態が続き、首や肩の凝りの原因となります。

また、そのような筋肉の緊張は血行が悪くなる要因です。特に首や肩などの筋肉の緊張は脳への血流を悪くし、頭痛を引き起こす原因となります。

■インプラントによる噛み合わせの治療

インプラントによる噛み合わせの治療

失った歯を補い正しい噛み合わせを取り戻す手段としては、「ブリッジ」「入れ歯」「インプラント」の3つの治療法があります。その中でもインプラントの噛む力は他の治療法と比較しても非常に優れており、天然の歯に近い状態に復元することができます。

■インプラントとは?

インプラントは失った歯のかわりに人工の歯根(歯の根っこ)を骨に埋め込み、その上に人工の歯を装着して歯を補う方法です。インプラントによる噛み合わせの治療は、失った歯が少数の場合から、全部の歯を失った場合まで幅広く適応できます。

■なぜインプラントが良いのか?

噛みあわせの治療にインプラントが良い理由は、他の歯への負担がない点です。ブリッジや入れ歯は、失った歯の機能を他の歯に依存しながら維持します。そのため長期間の使用によって残っている歯が受けるダメージも大きくなり、その歯の寿命を縮めてしまう恐れがあります。

一方、インプラントは失った歯のみを人工歯根に置き換える治療なので、将来にわたって他の歯に負担をかけることはありません。インプラントは歯を失ったことで受ける残った歯の負担を軽減し、口の中の機能を安定させることができます。

■インプラントでも噛み合わせの調整が必要

インプラントは見た目や噛み合わせなども天然に歯に近く、使い心地に優れています。しかしインプラントと天然の歯は構造自体が異なっているため、インプラントを入れたからといって油断するのは危険です。

失った歯の代わりにその機能を果たすインプラントもやはり噛み合わせが大切で、噛み合わせが正しく調整されていないインプラントは、破損や脱落などのトラブルが発生します。

自身の歯のみならず、インプラントも長く使っていくためには、治療後の細かい調整やメインテナンスがとても大切です。

■まとめ

失った歯を補い噛み合わせを整えることは、見た目や噛むこと以外に自身の健康を維持するうえで非常に重要です。そのうえでインプラントの果たす役割は非常に大きく、どのような症例にもお勧めしたい治療法です。

ただし、インプラントは外科治療を伴うため、体の状態や他の疾患を抱えている場合においては治療を行えない場合もあります。詳しくは専門医にご相談ください。