1本も歯がない!総入れ歯からインプラントへ変更はできる?

お口の状態は人それぞれ異なります。健康の歯の人もいれば、1本も歯がない方も存在します。その中でも1本も歯がない人の中には総入れ歯を使っている方もいます。口の中に入れるだけなので、とても手軽な方法ではありますが、その総入れ歯はしっかりと調整して作られたものでしょうか?お口の状態に合っていないと骨が痩せたり、口元のシワやたるみの原因になったりします。お口の健康状態を守りたい方のためにも、ここではインプラント治療についてご紹介します。

従来のインプラント治療方法は?

従来のインプラント治療方法は?

従来のインプラント治療は、なくなった歯の本数分を埋めて入れて、10本から12本ほどの固定された人工の歯を支える治療方法が一般的でした。この治療方法だと、口の中に人工の歯をたくさん埋めなければならないため、手術をする範囲が多くなります。手術の時間もかかりますし、埋める本数も増えるので決して安い費用ではできません。また、時間がかかればかかるほど、身体への負担が大きくなることも特徴です。リスクが比較的高い手術なので、インプラント治療をしたくても勇気が出ない人や、金銭的に治療を受けられない人も多くいました。

最新のインプラント治療とは?

従来のインプラント治療は比較的リスクが高い手術だったので、たくさんの方が治療を受けることはありませんでした。しかし、現在ではオールオン4という最新のインプラント治療を受けられるようになっています。
オールオン4は、従来のインプラント治療と比較して何が変わったのかというと、前までは8本から10本のインプラントを埋め込んで外科手術を行っていましたが、オールオン4は4本のインプラントを埋め込みます。
数が半分以上減っているのが分かりますが、実は4本のインプラントでもオールオン4の場合は10本から12本の人工歯を支えることができます。従来の手術よりも負担が軽減されているので、リスクも低くなっています。
また、オールオン4は手術をしたその日に人工の歯をくっつけられるので、お口の見た目が良くなるまでに時間がかかることはなく、手術後すぐに綺麗な状態になれます。見た目が変わることはもちろん、軽い食事程度なら手術後にしても問題がないという特徴もあります。
従来のインプラント治療の場合は、1本も歯がない人の中で特に残っている骨の量が少ない方は、インプラント治療ができないので骨移植せずに治療を進めることはできませんでした。
しかし、オールオン4なら骨の量が比較的多い前方の顎の骨に埋め込む方法なので、1本も歯がない人でも身体への負担が少なくインプラント治療を行えます。

総入れ歯からインプラントにするメリット

総入れ歯からインプラントにするメリット

総入れ歯からインプラント治療をしたい方は増えていますが、具体的に治療を進めるにあたってどんなメリットがあるのでしょうか。

■入れ歯をしっかりと固定できる

総入れ歯の人はたくさんの悩みを抱えており、「食事を快適にできない」「しっかりと発音できない」など様々な不快感を感じています。このような悩みを抱えている方はインプラント治療を検討したほうがよいでしょう。何故なら、治療をして人工の歯根を埋めることによって入れ歯がしっかりと固定されるからです。食事中の不快感や発音ができないなどの悩みは、入れ歯がしっかりと固定されていないことが原因です。治療を進めれば悩みも軽減され、より快適な生活を送ることができます。

■違和感のない口元に仕上げられる

入れ歯を金具で支えている方もいますが、金具では完全な固定をすることはできません。また、金具によって不自然な口元になっている方もいます。こういった悩みもインプラントなら解決することが可能です。抜けた歯のところにしっかり埋め込めるので、自分の歯のように噛むことができますし、見た目も自然な仕上がりです。

■全身の健康維持が可能

しっかりと噛むことができないのは、気持ち的にストレスが溜まるだけではなく、胃や腸への負担が大きくなります。しっかりと噛んで、消化しやすい状態で胃や腸へ食べ物を運ぶことが大切です。インプラント治療をすることで噛むのに苦労をしなくなるので、ストレスも軽減されますし、全身の健康維持にも繋がります。

総入れ歯からインプラントにするデメリット

何をするにもメリットがあればデメリットがあるように、インプラント治療もデメリットが存在します。

■保険が適用されない

基本的に治療は歯医者で進めますが、残念ながら治療費は全額自己負担です。また、治療期間は最長で半年にもわたるので、それだけ費用負担は大きくなるのが特徴です。経済的医に苦しくなる人は、もう少し考えてから治療を受けた方がよいでしょう。

■治療後は年に少なくても1、2回は定期健診に行く必要がある

インプラントの治療後は、状態を確認するためにも年に1回から2回は歯医者に行く必要があります。インプラントの費用も必要ですが、定期検診費用も必要になることを知っておきましょう。