どうして歯を失うの?インプラント治療がおすすめの理由

虫歯や何らかの理由によって抜歯対象となってしまった方や、歯が抜けてしまった方が居ますと入れ歯やインプラント手術をしてから人工歯を入れたりする処置をします。

また中には抜けてしまった歯を放置する人もいます。放置してしまうと悪影響は有るのか、インプラントをおすすめする理由は何なのかをご紹介します。

■歯を失ってしまったら

歯を失ってしまったら

歯を1本失ってしまったとします。すると歯を失ってしまった歯の横の歯が次第に歯のない方向に倒れてきたり、失う前に嚙み合っていた歯が歯のない方向に伸びてしまったりします。

そうした場合、噛み合わせた時に変な当たり方をしてしまい、歯周病を更に悪化させる原因となってしまい、あごの関節に異常がでたり肩こりの原因になったりします。

また、歯を失った側の噛む力や能力が低下するので、無意識のうちに反対側の歯を使う頻度が多くなってしまいます。

物を噛む時に反対側ばかり使用していますと、お顔の筋肉にも影響がでてしまい左右非対称な顔にもなってしまいます。

歯を失てしまったら一刻も早く歯の移動を防いで機能回復させる事が大切です。また、歯を失ってしまう事によって片方の歯を使用して食べ物を噛むことで違和感となり変な感じがしてしまいその事が原因でストレスともなってしまうのです。

■歯周病で歯を失う

歯周病は、食べ物や喫煙によって付着する歯石が原因となって起こります。この時に歯磨きをしてきちんと歯石が取れていれば良いのですがその歯石が残ってしまう事によって、歯ぐきが腫れて徐々に歯周病となってしまうのです。

歯周病で直ぐに歯医者に行き適切な治療や指導を受ければいいのですが、これを怠ってしまうと歯周病と気づかずに放置してしまいますと歯ぐきの骨がどんどん溶けてしまいしまいには歯がグラグラとして、最終的には歯が抜けてしまうのです。

こうとなってしまった場合にはブリッジや入れ歯やインプラント手術が必要となってきます。また、歯周病では直ぐに歯は抜けませんので徐々にグラついてしまいこの期間が長くなってしまいますと硬い食べ物を噛んだ時に歯の一部が破折してしまう可能性も出てきます。

また歯周病によるインプラント手術では、先ず歯周病による歯ぐきの腫れを完全におさまるまで待たなければならないのです。

歯周病で歯ぐきが腫れてしまっている場合には外科的手術を行ってしまいますと、その腫れより細菌が出てしまいます。

切開した箇所に細菌が入ると、術後にその腫れが悪化してしまったり手術を行った箇所に、腫れが発生してしまったりといった可能性があるからです。

歯周病による腫れは歯が無くなった状態であれば消毒や抗生物質を飲むことによって徐々に腫れがおさまってきますので治まり次第インプラント手術が開始できます。

■虫歯で歯を失ってしまう

虫歯というのは、虫歯菌が歯に染み付いて酸を出し、徐々に歯を溶かしていく症状の事です。虫歯を放置すると、虫歯菌が歯の内部まで徐々に浸透していき、歯を駄目にしてしまうのです。

虫歯になってしまった時には直ぐに適切な治療を受ければ良いのですが、虫歯を放置してしまいどんどん虫歯が進行していきますと、神経まで虫歯が繁殖してしまいます。

この時に歯の神経が全部死んでしまった場合には神経治療などの処置は出来なくなってしまい抜歯の対象となって歯が無くなります。

また、一度神経治療を行った歯で被せ物の中や歯の根っこに埋まっている神経の代わりとなるお薬が腐ってしまった場合にも抜歯対象となり、インプラント手術が必要となってきます。

■事故等で歯を失ってしまう

事故等で歯を失ってしまう

交通事故や何らかの影響で歯がぐらついてしまったり、歯が折れてしまったりした場合には抜歯対象となってしまいます。

永久歯が折れてしまいグラついてしまった場合には修復する事は不可能となっていますので、こういった場合におきましてもブリッジや入れ歯やインプラントの対象となってしまうのです。

■インプラントのメリット

インプラントの最大のメリットは、天然の歯とほぼ同等の噛む力を取り戻せる事になります。保険を利用して治療するブリッジや入れ歯は比較的安価な治療が可能となっています。

しかし見た目や噛み具合で不利になってしまう他、健康な周囲の歯に深刻なダメージを与えてしまうデメリットもあります。

インプラントでは人工歯を装着しますので人間の第2の永久歯ともいわれており、ご自身の近い歯に取り戻す事ができるのです。

歯冠だけではなく、歯根まで失ってしまった歯の代わりに、顎の骨に人工の歯根を植立し、その上に人工歯冠を取り付ける治療法になります。

人口の歯根を顎の骨と結合させますので天然の歯とほぼ同等の噛む力を取り戻す事が出来るのです。

インプラントでは患者によっては適用出来ない場合があり適用外の人にはお勧めできないのですが、健康な方や体調が良い方についてはお勧めできます。

インプラントを装着する事によって健全なる歯を取り戻す事が出来ますので、インプラント手術が適用できる患者に対しては、出来る限りインプラント手術を行って行く事が大切となってきます。