オールオン4を入れた後も歯のクリーニングは必須です!

オールオン4は、最小4本のインプラントの埋め込みにより、骨の移植などの大きな施術をすることなく、一日で終わる手術の事です。総入れ歯をお使いの方や、多くの歯をなくした方にとって非常に便利な治療方法です。そんなオールオン4ですが、歯が入って噛めるようになった後からのアフターケア、メンテナンスやクリーニングが必要です。今回はオールオン4後のアフターケア、特にクリーニングについて説明していきます。

■今注目のインプラント手術「オールオン4」って

今注目のインプラント手術「オールオン4」って

オールオン4という施術について深く理解していきましょう。オールオン4は、上下どちらかの顎の歯を、4本のインプラントによって支えて固定する治療方法です。インプラントは、ネジまたボトルのようなおので先端にアバッチと呼ばれる固定器具を取り付けます。その先に12本の歯を支えるブリッジを固定し、完成させます。少なくとも片顎すべての歯が一気に全て整えますのでかなりきれいになります。審美性的にも、噛み合わせ的にも非常にレベルの高い歯を手に入れることができます。色も、まるでホワイトニングをしたようなきれいな歯になりますが、当然その後、いろいろな理由によってインプラントも汚れてきます。それを解消するためのクリーニングを視野に入れましょう。

■定期検診も重要

インプラントを綺麗に、かつ継続的に使用するためには、歯医者さんでの定期検診として、歯石や歯垢を継続的に取り除き、かみ合わせの確認やインプラントのスクリューの緩みのチェックなどを行いましょう。オールオン4は、「フィクスチャ―」、「アバットメント」、「ブリッジ」という3つのパーツがネジで連結されています。つまり、これらを解体すれば、修理やクリーニングのために取り外すこともできるというわけです。最低3~6ヶ月に一回は定期検診を受け、必要に応じて歯のクリーニングを行うことを心がけましょう。
治療をした後、3ヶ月~半年などの一定期間を経たのちに再度検診することをリコールと呼びます。術後の経過がどうか、炎症などの病気がかかっていないかということを含めて全体的に確認します。このリコールを行っている人とそうじゃない人には、長期的に見た場合、審美的な観点からも、大きな違いが出てきます。

■歯石除去(スケーリング)

インプラントにも歯石は溜まりますし、歯石は自分では取り除くことができないものです。歯石除去はスケーリングと呼ばれますが、これは定期的に行う必要があるでしょう。また歯垢(プラーク)は簡単に言えば細菌の塊なので、口臭の原因になります。クリーニングによって、歯垢を取り除くことで、口臭を予防することができます。
ちなみに、歯科衛生士などのプロによる歯のクリーニングをProfessional Mechanical Tooth Cleaning(略してPMTC)と呼びます。この作業には歯石の除去も含まれますが、専用のクリームを使った機械的研磨などを行います。この効果としては、歯の表面が滑らかになり、体感としても非常に気持ちのいいということがありますが、加えてプラークに含まれる雑菌の除去、虫歯、歯周病予防という効果など、多くのメリットが存在します。歯肉の腫れや痛み、苦痛緩和、何よりも、新たに挿入した歯が長く使えるというメリットがあります。

■クリーニングの金額幅

クリーニング

ちなみに、クリーニングをする場合、保険内での対応であれば、数千円程度で済みます。料金には、検査料、レントゲン撮影料、初診料なども含まれます。ただ、自費治療で行う場合には、金額に比較的開きがでてきます。自分に合った施術方法で、最適な金額を選ぶようにしましょう。
クリーニングは、着色汚れを綺麗にしたり、歯につやを出したりという要素の他に、虫歯を予防する本来的な目的もありますので、そういった観点からも検討してみるといいでしょう。

■自分で行うメンテナンスで綺麗な色を保とう

歯医者での定期検診も重要ですが、メンテナンス、クリーニングという意味では、患者さん一人一人が行うブラッシングが最も重要なポイントとなります。歯科医からブラッシングの方法を教わるので、その方法を徹底し、独自の方法や過去の癖からブラッシングを行わないようにした方がいいでしょう。また、歯を磨く道具としては、歯ブラシの他に、歯間ブラシ、デンタルフロスなども一般的になりつつあります。そういったものを利用して、質のいいブラッシング、クリーニングを行っていってください。ひいてはそういった習慣が長期的なインプラントとの付き合いになってくるのです。

■まとめ

せっかく治療が完成したオールオン4ですが、メンテナンス、クリーニングを定期的に行わないと、審美的な品質の低下、また人口歯が抜け落ちてしまうなどというケースも考えられます。新しく大切な自分の歯を守るためにも、定期的なクリーニング、メンテナンスを心がけるようにしましょう。