入れ歯だった人がインプラントにすることによって変わる事

入れ歯を不便だと感じることもあると思います。では、インプラントにすることによってその不便さは解消されるのでしょうか。検討されている方にとっては気になるところですね。今回は、入れ歯の方がインプラントにした際にどう変わるのかについてご紹介したいと思います。

■入れ歯の悩み

入れ歯の悩み

歯がないよりは入れ歯をして会話や食事を少しでも楽しむ方が良いですが、どうしても気になることは出てきます。例えば…

●動いてしまう
入れ歯をしていると、取り外しができる一方でしっかりと固定できずグラグラと動いてしまうことはよくあることです。部分入れ歯では固定器具の金属部分が周りの歯ぐきにこすれてしまったり、総入れ歯でも違和感をおぼえたりと固定性に関しては悩む方が多いのではないでしょうか。しっかり固定されずにまわりの歯や歯ぐきとのこすれを繰り返すと、その部分が傷ついて炎症を起こしたり、同じ部分が炎症を起こし続けると最悪の場合癌に発展することもあります。

●しっかり噛むことができない
天然歯では噛むことができても、入れ歯は奥歯の場合だと天然歯の3割程度しか噛む力に耐えられないので、硬いものが満足に食べられないということがあります。無理に噛もうとすると、入れ歯自体が割れて壊れてしまうことも。また、ガムやお餅といった粘着性のあるものは噛む際に入れ歯にくっついてしまい入れ歯ごと取れてしまう可能性もあります。損傷の原因にもなり得ます。

●目立ってしまう
特に部分入れ歯ですが、左右の歯にフックのようなものをかけて固定させるので、フック部分が見えてしまい見た目にも入れ歯だとわかってしまうことがあります。人と話す際に気になるという方も多いのではないでしょうか。また、外した時に見た目が大きく変わってしまうのも悩みのたねです。入れ歯を外している時に急遽人と会うことになったら…なかなかの不便さがあります。

■インプラントのメリットとは

インプラントには、入れ歯の悩みを解消できるような様々なメリットがあります。

●よく噛むことができる
インプラントは、歯の根っこの部分からしっかりとあごの骨に埋め込むので、基本的にグラグラしたり取れたりすることはありません。ですから、しっかり力をこめて噛むことができます。硬い食べ物や粘着力のある食べ物でも、天然歯と同じように噛んで食べることができ、食べられるものが増え食事自体がより一層楽しいものになります。

●見た目が美しくなる
インプラントの見た目は、天然歯と見分けがつかないほど美しく本物のような審美性があります。金属部分が見えることもないので、言われなければ人工歯だとはわからないほどです。複数の歯をインプラントにすることで、歯並びもとてもきれいに整い、歯のツヤや色も美しくなるので、口元の印象はずいぶんと変わります。

●天然歯への負担が少ない
インプラントは歯1本ごとに施術していくので、周りの歯に何かを固定したりひっかけるということがありません。当然、器具が周りの歯や歯茎と擦れてしまうというようなこともありません。入れ歯は他の歯にフックをかけて、そのフックが隣の歯の歯ぐきにこすれて炎症を起こしてしまうということが起きますが、インプラントはそういったトラブルがないため残っている天然歯への負担がほとんどないというのが特長的です。

■入れ歯からインプラントにして変わること

入れ歯からインプラントにして変わること

インプラントのメリットからみても、入れ歯からインプラントにすることで生活の様々な面が変わってくることがわかるかと思います。

●食事がより一層楽しくなる
インプラントにすると硬いものも粘着性のあるものも天然歯と同様に食べられるようになるので、食事の幅が広がります。食べられなかった、我慢していたというものが食べられるようになることは、食事が楽しくなる大きな要素でしょう。

●見た目を気にしなくなる
入れ歯をしている時に気になっていた金属部分も、インプラントにすることによって見えなくなりますし、インプラントの人工歯は天然歯と変わらないような見た目のため、自身がインプラントということを忘れてしまうほどです。人との会話や写真に関しても、見た目に自信が持てるようになるので楽しく、気兼ねなく過ごすことができます。

●手入れが楽になる
総入れ歯や部分入れ歯などは、寝る前に取り外して専用液などでお手入れをしなければいけませんが、インプラントは固定されているのでそのまま天然歯と同じように歯磨きやデンタルリンスなどを使用するだけで良いのです。毎食後の歯みがきなど、天然歯のお手入れと同じようにしていれば良いので、義歯であってもお手入れに手間をとることがなくなります。

■1点だけ注意!インプラントは外科手術

インプラントにしようとした時は、歯科医院で歯医者さんに外科手術をしてもらわなければいけません。これは、歯の根っことなる部分をあごの骨に埋め込まなければならなく、そのために切開する必要があるからです。手術自体は時間がかかるものではなく、当日中に食事ができるようになるなどスピーディーなのでご心配なく。ご自身が外科手術をうけられる体調であれば、インプラント治療は可能です。